バレーボールで怪我を予防するためのストレッチのやり方

スポーツ全般において、怪我を予防するには体の柔軟性が重要です。

バレーボールでも同じことが言え、怪我をすると体力、筋肉が衰え、今まで培ってきた技術が落ちる可能性もあるので、十分なストレッチを行って体の柔軟性を高めておきましょう。


1.バレーボールで起こりうる怪我

ジャンプ動作を繰り返して、腰を反らしてボールを打つ動作が多いバレーボールは、膝、腰、肩など全身の怪我が多いスポーツです。




ジャンプして着地した時に足をねん挫したり、オーバーハンドでレシーブしたときに突き指したりもします。

特に突き指は頻度が高く、何度も繰り返している場合は脱臼や骨折の可能性もあるため、必ず治療を行うようにしましょう。

また、突き指と同じくらい多い怪我は、ジャンパー膝です。

初期では運動中に影響がなく、運動後に痛みを感じる程度のため、放置してしまうことが多いようですが、重症化すると歩行や階段の上り下りなど日常生活でも痛みを感じるようになります。

痛みでジャンプが十分に行えない分を他の動作でカバーしようとすると腰痛や肩痛につながるなど、他の部位にも影響を及ぼすでしょう。

ジャンパー膝の原因となるのは、太ももの前側の筋肉の負担や疲労の蓄積で炎症が起きたり、膝の柔軟性が落ちて衝撃の吸収が低下したりすることです。


2.怪我を予防するストレッチ

バレーボールに多いジャンパー膝を予防するストレッチとしては、太もも前面の筋肉のトレーニングです。

筋トレやストレッチによって筋力と柔軟性を高めることで衝撃を吸収し、膝に加わる負荷を軽くすることができます。

突き指を予防するストレッチは、手の指を回すストレッチ。

また、手の指を反らすストレッチが有効です。

そして足首のねん挫を予防するストレッチは、アキレス腱を伸ばすこと。

足首をゆっくりと前後左右に動かすこと。

普段足首を動かしていない方向にもゆっくりと前後左右に足首を動かすストレッチを行うことで足首を柔らかくしていきます。

また、座った状態でのストレッチ。

片足首をつかみ、ゆっくりと回します。

さらに、足首のねん挫の予防には足首の外側の筋肉、腓骨筋も伸ばしましょう。

立った状態で両足首を内側に曲げ、ハの字にします。

そのままゆっくりとかかとを上げ、腓骨筋が伸びているのを感じましょう。

この上げ下げを10回ほど行いましょう。

バレーボールの練習を始める前に十分なストレッチを行うことで防げる怪我は大いにあります。

怪我はしないに越したことはありませんので、お風呂上りにもストレッチを行い柔軟性を高めておきましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ