三段攻撃の練習メニュー|バレーボールが上達する方法

レシーブ・トス・アタックがきちんと連携した形で行えるようになるために、バレーボールの基本となる三段攻撃を練習しましょう。


1.レシーブをセッターに返す

三段攻撃の始めはレシーブです。

レシーブはサーブレシーブと、アタックなど相手からかえってきたボールに対するレシーブがあります。

いずれにしても、レシーブする人間は、セッターがどの位置にいるかを把握してレシーブしなければなりません。




まずはセッターの場所を基本の位置に固定して、あらゆるボールをレシーブしてセッターに返す練習を行いましょう。

セッターが立っていると比較的その位置がわかりやすくボールは返しやすくなります。

次はセッターの位置に人を置かずに同じことをしてみましょう。

レシーブする際にセッターがまだ定位置についているとは限りません。

それでも問題がないよう、そしてセッターに余裕ができるように高めのふんわりしたボールで返せるようにイメージします。


2.セッターの役割

セッターはできるだけ定位置を決めて、味方がレシーブするときに、ボールの動きを見ながら定位置に移動します。

きちんとしたレシーブがかえってくれば、楽にトスが上げられるはずです。

三段攻撃の練習では、はじめはオープンのトスで、三段攻撃の感覚をつかむことを優先しましょう。

普通の攻撃ができるようになれば、クイックなども取り入れていきます。


3.アタッカーの動き

アタッカーは味方がボールをレシーブすることを確認したら、十分な助走ができる位置につきます。

そして、きちんとセッターにボールがかえったことを確認して、助走し、アタックします。

まずはバレーボールの基本である普通のオープントスで三段攻撃の感覚をつかみましょう。

また、場合によってはアタッカーがレシーブをしなければいけないこともあります。

その場合はレシーブをした後、ボールの位置を確認しながら、助走のとれる位置に移動して走り込み、アタックします。


4.チームで練習する場合

チーム全体でバレーボールの練習する場合は、セッターを固定してコート後方にレシーブする人、コート左右にアタックを打つ人が立ちます。

そして、相手コートからボールを投げいれてもらい、レシーブしてセッターがトスを上げ、アタッカーがアタックを打って1まわりとします。

アタックを打った人間はレシーバーの列に並び、レシーブした人間はアタッカーの列に並んで繰り返し行います。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ