ブロックの打ち方と上達のコツ | バレーボールの練習メニュー

ブロックはバレーボールのなかで、あまり重要なプレーだと考えておらず、ブロック練習を行ってこなかった選手もいるかもしれません。

しかし、ブロックは少しのコツをおえるだけで、上手になっていきます。背の低い選手のブロックのコツも紹介します。


1.手の形を身に着ける

バレーボールでブロックはスパイクを防ぐために行われます。それなのに、ブロックアウトを取られてしまっては、いけません。




そこで、練習メニューとしては、二人ペアになって向かい合って立ちます。一人が、立ったまま、ブロックの形を作ります。

もう片方の選手がそのブロックにあてるように、スパイクを打ちます。これを一人10回ずつ行います。

このときのコツとしては、ブロックしたボールがきちんと真下に落ちるようにブロックの手を形づくり、覚えることです。


2.移動の歩幅を覚える

ブロックは大抵、その場でするということはバレーボールをしていて、あまりありません。特にセンタープレーヤーは素早い移動を求められます。ここでは、ブロック移動のステップと移動距離の感覚をつかむ練習メニューを紹介します。

まずは、センターに位置に立ち、レフト、ライトまで移動して飛ぶ、という練習をします。この時に気をつけてほしいことが、スピードも意識することと、横に流れて飛ばないようにしっかりと上に飛ぶということです。

横に流れて飛んでしまうと、隣のブロッカーとぶつかってしまって、けがにつながってしまったり、ブロックの高さが低くなってしまうからです。素早く移動し、しっかり上に飛ぶ、ということを身につけましょう。

この一人での移動に慣れたら、レフト、センター、ライトそれぞれのポジションに選手を配置して、ブロックの移動の練習をしてみましょう。

この時、コートに入っていない選手が外から、レフト、ライトなどの指示をだし、それにしたがって、動くようにすると実践により近づきます。
また、相手コートにも選手をいれて、競争形式にするのもいいかもしれません。


3.身長が低い選手のブロック

ブロックと言えば、背の高い選手のものと考えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

シャットすることは難しいかもしれませんが、ワンタッチをとって、レシーバーを助けることはできます。コツは、ネットからほんの少し離れて飛び、手は、上向きにだします。

そうすることで高い位置から打たれたスパイクもタイミングさえ合えば、ワンタッチをとることが可能になります。

ペアでブロック練習をおこなうときから、手をそのような形にして、上にボールが飛ぶように練習を行うのもいいかもしれません。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ