フットワークの練習方法│バレーボールが上達する方法

バレーボールではもちろん体力は必要ですが、長い距離を早く走れなくてもいいのです。短い距離を、素早く動けるようになることの方が大切です。

そのようにバレーボールの特徴に合わせた、フットワーク練習法を紹介します。


1.ダッシュ編

バレーボールでは、短い距離を走るということが多い競技です。そのためにもどんな体勢からでも早く走り出せるようなフットワークの練習が必要です。




スタートの合図は、実際に走る選手以外の選手か先生に行ってもらいます。実際に走る距離は9メートルくらいで十分でしょう。

この練習法でとにかく大切なのは速さです。これを意識して行うことが効果をよりあげるでしょう。

最初は、普通に走ります。次からは、スターとの体制を変えます。仰向け、うつ伏せはもちろん、頭の向きを変えることで、レパートリーはたくさん増えます。

ジャンプの後に走り出すことはバレーボールをしていて良くある光景ですので、モモ上げジャンプを5回行ってからのスタートなどジャンプ系を含めるとよいでしょう。

ただ、フットワークを行うのではなく、競争形式にして、一番遅かった人を、もう一回、などとペナルティーを科すとより速さを意識して行うことが出来るでしょう。


2.反射神経編

速いスパイクを拾ったりするのに、反射神経は大事です。ここでは体力づくりをかねたフットワーク練習法をお教えします。

することはいたって簡単です。時間は1分くらいに設定します。先生は、笛を用意します。そして、笛を吹くと同時に上下左右のどれかを指さします。

選手はスタートしたら、芝ふみを行います。これはとにかく早く行います。そして、笛が鳴ったら、先生が指をさした方に従って動きます。

右だったらアンダーの形をとって右側のボールをとる真似をします。左の場合も同様です。

上の時は、軽くジャンプをして、上で手をたたきます。下の時は、一度うつ伏せになり、立ち上がります。

これを1分間続けます。そのあとは、少しの休憩をはさんで、3セットほど行うのがよいでしょう。

この練習の発展編としては、右にさされたら、右→左→右と一回で行うのもよいでしょう。他には左右を指されたときは、体を向けるだけでも良いでしょう。

これが、一番基礎的な方法なので、最初は、この方法から行うのもよいかもしれません。


3.まとめ

とにかくフットワークの練習は辛いし、大変だし、やりたくないと思う選手もいると思いますが、これが試合でも生かされる場面がたくさんあります。

しっかりと取り組み、体力をつけて、けがをしない選手を目指しましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ