9人制バレーボールが上達する練習方法

9人制バレーボールは6人制バレーボールに比べ、人数が多いことによる、連携が大事になってくると思います。そのためには9人制バレーボールにあった練習方法をとることが必要です。


1.9人制バレーボールとは?

9人制バレーボールは6人制バレーボールに比べてコートに選手がたくさんいます。

そのため、選手一人一人の守備範囲は狭いかもしれないですが、その分、声をかけあって、円滑な連携が必要になってきます。




そこで、練習方法としては、主に試合形式の練習が大切になってきます。なぜかというと、9人制バレーボールは主にママさんバレーボールで行われていることが多いからです。

選手一人ひとりのスキルを生かしつつ、連携を深めることで、さらなる成長を遂げることが出来ます。

一人一人のスキルアップのための練習方法も大切ですが、チームとしてのレベルを引あげた方が効率的と言えるでしょう。


2.連携プレー

9人制バレーボールでは、コートに選手がたくさんいるため、間に落ちるボールには気をつけなければなりません。試合形式の練習をたくさん積むことで、一人一人の役割を確認していくことが大切です。

さらに、声をかけずにプレーすることは接触につながり、けがにもつながります。安全にプレーを行うためにも、連携を深めることは、大切と言えるでしょう。


3.ネットプレー

6人制バレーボールの9人制バレーボールの大きな違いと言えるのが、9人制バレーボールでは、ネットにかかって触ったボールを1回とカウントしないというところにあります。

ですから、故意にネットにかけることによって、プレーを立て直す、ということが可能です。

しかし、このネットプレーは決して簡単なものではありません。ネットの張り具合、ネットにぶつけるボールの強さや角度によってボールのはね返りが全く異なるものになってしまうからです。

ネットプレーの練習方法としては、まず、何回か練習を始める前にネットにボールをぶつけ、跳ね返り具合を見ておくことが必要です。

そして、このプレーは経験が一番です。何回もネットにぶつけてあげる練習を行い、慣れていくことが、上達への近道と言えるでしょう。

ポイントとしては、ボールがネットにかかった時、ネットよりも、低く構えて、ボールが跳ね返ってくるのを落ち着いて待ちます。

一番してはいけないことは、ボールを迎えに行ってしまうことです。ボールが落ちてくるのをゆっくりと下で待ち構え、落ち着いてボールをあげるということがポイントです。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ