初心者からプロまで共通のバレーボールの基礎練習

バレーボール初心者から上級者のための記事です。まずは、毎回欠かせないバレーボールの基礎練習についてです。今回はパスとボールコントロールについて説明します。


1.パス練習とは?

パスとはいろいろ種類があります。2人で行う対人、複数の人と円になって行う円陣など、まだ基本が定着してなくてもできる一番簡単なメニューです。




ですが、パスというのはオーバー、アンダー以外にミート、レシーブ、カバーリングなどの技術も必要になっており、手を抜いてしまうと汚いフォームで定着してしまうこともあります。

そこで、一般的なパスの円陣と対人について、説明したいと思います。


2.円陣・対人について

円陣はバレーボール初心者でも慣れている人にとっても基礎練習になります。初心者は前と隣に人がいるのでカバーに行きやすく、長くパスが続くという利点があります。

バレーボール上級者はパスを特定の人に正確にあげる基礎練習になったり、パスを続けながら周りの人の位置関係を把握してゲームに役立てられたりといった利点があります。

対人はある程度ボールに慣れた頃に行うとよいと思います。レシーブ・トス・アタック(ミート)というラリーの一連の流れを2人で練習できます。練習前の軽いウォーミングアップにも良いと思います。


3.ボールコントロールとは?

その名の通り、ボールをコントロールして、基本の構えやフォームを身につけます。バレーボールコートのエンドラインからエンドライン18mを移動しながらコントロールします。

例えば、
・オーバーの手の形で床に両手でドリブルし、ボールが空中で手に吸いつく感覚を覚える。
・基本の構えのままサイドステップしながら片手でボールを転がし、太ももの筋肉を鍛えたり、姿勢が悪くなったりしないようにする。
・直上オーバー、直上アンダーをしながら前進し、周りを見るように、かつ安定した球があげられるようにするトレーニング。

などの基礎練習を行ってから本メニューに入ると、バレーボールが扱いやすくなったり、基本の構えから姿勢が崩れにくかったりします。


4.練習時間外に行うとよいこと

ここまで、バレーボールを使った基礎練習を紹介しましたが、ここまではチームでできることです。個人では体幹や筋トレ、ランニングを行います。

体づくりはゲームで戦い抜くため、どんな環境でも適応できるようにします。チームのメニューに入っていなくても、それを行っておけばいつかの自分のプレーにつながり、強いプレーヤーになるはずです。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ