小学生のバレーボールで効果的な練習メニュー

小学生は、6年間あるため上級生と下級生ではできることや、レベルが全く違います。そこで、小学生の練習で大切なことは、それぞれのレベルにあった練習メニューを行うということです。


1.チームの分け方

バレーボールの練習はバスケットボールやサッカーと違い、一人でできる練習メニューはほとんどありません。ペアを作ったり、チームを作ったりして練習することがほとんどだと思います。




そこで、ポイントとなるのが、選手のレベルが似たような選手同士で、ペアを組むということです。

上級生と下級生がペアを組んで、上級生が下級生に教えてあげるというのも、大切なことだと思いますが、それでは上級生の上達にはつながりません。

同じレベル同士の選手がペアを組むことで、ライバル心が芽生え、切磋琢磨している内に、バレーボールが上達していくでしょう。

回数や難易度を変えることによって、どの選手も同じ練習メニューをこなすことが出来ます。


2.楽しく集中

小学生だと長い時間集中して、練習に取り組めない選手もいると思います。それは、仕方のないことだと思うのですが、そのまま集中力が切れたまま練習を続けると、けがにつながる危険性があります。

それを回避するために、アップのランニングは鬼ごっこにする、ボールひろいは、競争にするなど、ただ、淡々と練習していくのではなく、楽しむ要素も含めていく必要があると思います。

適度に休憩をはさんだり、楽しい要素をいれていくことで集中力を持続させ、効率的に、安全に練習を進めていきましょう。


3.パス練習編

パス練習はバレーボールの基本中の基本の練習メニューだと思います。キャッチボールから始まり、オーバーパス、アンダーパス、対人練習などいろいろな方法があります。

オーバーパス、アンダーパスは選手のレベルに合わせ、集中して頑張れば達成できそうな目標回数を設定し、行います。そうすることで、やり遂げることが出来たとき、選手たちは達成感を感じることが出来ます。

対人練習は、オーバー、アンダー、スパイク、すべてを使って行いますが、初心者や下級生はスパイクがうまく打つことが出来なかったり、打てたとしても拾うことが出来なかったりと、なかなかうまくいかないと思います。

なので、まず、投げられたボールを打ち返す練習から始めるといいと思います。そうして、それが出来るようになってから、対人練習を始めた方が、続けることが出来て楽しくできると思います。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ