スリーメンの練習メニュー|バレーボールが上達する方法

スリーメンはスリーマンとも呼ばれるバレーボールの練習方法です。

後衛の動きや声の掛け合いなど、実践に近い練習ができ、一度に3人の練習になるためよく行われるバレーボールの練習方法です。


1.スリーメンの基本的なやり方

バレーボールコートの半分を使い、1人がネット近くに立ちます。

そして練習する3人が後衛の3つのポジションに入ります。




ネット近くにいる選手が中心となってボールを投げたりスパイクを打って、後衛のポジションにいる3人がボールをかえします。

1回でネット近くにかえらなかった場合は、残りの2人がサポートして、2回・3回触ってでもボールをネット近くにかえします。


2.後衛3人が気をつけること

スリーメンで気をつけることがいくつかあります。

まずは後衛の動きを覚えることです。

そして、周りのチームメイトとの連携を考えて動くことです。

そのためには声を出し、他の人がボールをレシーブするときにはそのカバーにまわる必要があります。

隣が前へ出たら後ろへ下がるなどの周りの動きを見て判断する必要があります。

さらに、ネット際の人の動きにも注意する必要があります。

例えば、アタックが来る場合、足や体はどちらを向いているか、手の動きはアタックかフェイントか等を見て考えて動くことも重要です。

そして、つなぎのプレーを身につけることも重要です。

レシーブが乱れたときには、カバーした人が2段トスを上げなければならないときもあります。

いずれも実践を想定して動くことが重要です。


3.ネット際の人が気をつけること

実はスリーメンで重要なのはネット際の人です。

ネット際の人は帰ってきたボールをただ後衛に戻すのではなく、後衛の動きやバランスをみてどこにどのようなボールを返すか考える必要があります。

また、苦手な場所があれば、その点を重点的に行うこともあります。

例えばレフトレシーバーが左際のボールを苦手にしていたり、もしくはレフトとセンターの間にボールを落とした時に譲り合ってしまう、声が出ていない、といった場合、その場所に重点的にボールを落とします。

また、あきらめが早い場合は敢えてラインの外にボールを飛ばして、タッチする練習を行うこともあります。

また、アタックのふりをしてフェイントを行ったり、レフトを向いたままライトへアタックを打ったりと、後衛の3人が常に緊張できるように、そしてバランスよく3人がボールを触れられるように考える必要があります。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ