二人でできる練習メニュー | バレーボールが上達する方法

時には人数が集まらずに少人数でバレーボールの練習しなければならないときもあります。

そんな時でも時間を有効に使ってバレーボールの練習ができるよう、ここでは二人で練習できる方法を紹介します。


1.レシーブ・トス・アタックの動作を行う練習メニュー

二人で向かい合いで立ち、順番にレシーブ・トス・アタックを繰り返します。

3つを1セットとして行えば、同じ人はレシーブ・アタック、次にトスと3種の練習がまんべんなくできます。




この練習はある程度レシーブとアタックが思った方向に打てる人向きです。

スペースがなくてもボールを真正面に飛ばすだけであればコート際のスペースで可能です。

もし、片方の人のレシーブを重点的に練習する場合は1人が定位置に立って、わざと左右にボールを振って、もう1人がどこにボールがきてもきちんとレシーブをして相手の位置にかえるように練習する方法もあります。

この場合は多少横幅があるスペースが必要です。

この方法はかなり疲れるので、時間や回数を決めて行いましょう。


2.相手の位置を見て行うパス

この練習は少し幅を使って行います。

向かい合いで二人立ちます。

そしてお互いパスをするのですが、パスを出した方は左右どちらかに移動します。

反対側の人は、ボールを受けてパスするまでに、相手の位置を確認してパスを行います。

これを繰り返すと、ボールだけでなく、周りの人を見る練習になります。


3.とっさの判断ができるように鍛える

同じように向かい合いで行う練習です。

パスをしあうのですが、パスを出した方は簡単な算数の問題を出します。

例えば「2+3!」「7-5!」といった具合です。

ボールを受ける方は答えが偶数ならオーバーハンドパス、奇数ならアンダーハンドパスで返します。

頭を使いながらもボールへの集中力を切らさないようにすることが練習です。

またオーバーハンドの時とアンダーハンドの時ではボールに対する立ち位置も変わりますので、素早く位置取りをする必要もあります。


4.ボールを使った筋トレ

ネットを使って行う練習です。

ネットを挟んで向かい合いに立ちます。

そして、ネットの下をアンダーでパスしあいます。

この場合、姿勢を低くしないとボールがネットに引っかかってしまうため、膝を深く曲げ、腰をしっかり落とす必要があります。

この状態で左右に動いてパスを行うと、バレーボールで重要な下半身がかなり鍛えられます。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ