バレーボールのセンターのための練習メニュー

バレーボールのセンターはブロックへの役割がとても大きく、レフトにもライトにも移動してブロックします。

そのため、背の高さ、ジャンプ力、体力が要求されるでしょう。

ここでは、バレーボールのセンタープレーが上達する練習メニューについてお話します。


1.ブロック

センタープレーヤーは、センターはもちろん、レフトにもライトにもブロックを飛びにいきます。

相手の攻撃に対する最初のディフェンスがブロックです。




スパイクをシャットアウトしてそのまま得点に結びつけるだけでなく、ワンタッチをして相手のスパイクの勢いを弱め、自分たちのレシーブにつなげたり、レシーバーと連携して相手のスパイクコースを限定させ、守りやすくしたりします。

ゲーム中は、セッターのトスを見て、サイドステップかクロスステップで移動し、そのアタッカーの正面に立ち、スパイクコースを防ぎましょう。

ブロックのタイミングが合わないと、ボールを吸い込んでネットの手前に落ちたり、ブロックアウトしたりしてしまいます。

相手の攻撃に対してブロックで効果を発するためには、正しい姿勢と正しく手を出し、正しく手を引くことです。

ブロックの練習メニューとして、セッターのトスを見極め素早く反応する力を養う方法があります。

3人のブロッカーが定位置で構え、相手セッターがトスを上げた方向を確認し、瞬時に移動を始めます。

サイドで飛ぶ選手が位置どりし、センタープレーヤーは合わせて2枚ブロックをつくります。


2.クイックスパイク

センターのもう一つの大きな役割はクイックスパイクなどの速攻と呼ばれる攻撃です。

ブロックを飛んだ後にすぐクイックへの助走に入る俊敏さが求められます。

ブロックを飛び、降りながらコートに向かう打球を確認し、着地したらすぐにアタックラインまで下がります。

この準備ができないとセッターのトスとのタイミングがずれたり、センターからの攻撃は来ないと判断され、レフトやライトへのブロックがぴったり付かれたりします。

ジャンプしたり、スパイクしたり、常に動いているポジションですので、フットワークを軽くしたり、ランニングをしたりして体力をつけることをお勧めします。

バレーボールのクイックスパイクの練習は、セッターとセンターとのコンビネーションを意識しトスの高さや、助走に入るタイミングを合わせましょう。

1本1本お互いに確認し、調節することでしか合わせることはできません。

タイミングが合うまで繰り返し練習メニューに取り組み、クイックスパイクを上達させましょう。

バレーボールは、ポジションによって決められた役割を守ることでチームプレーが成り立つので、センタープレーヤーに選ばれた選手は自分に役割をしっかり把握し、練習に励みましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ