リベロの役割と向いている人 | バレーボールが上達する練習メニュー

リベロはバレーボールのポジションのなかで、ダントツで特殊なポジションです。

なぜかというと、前衛に行くことが出来ない、スパイク、サーブ、ブロックが出来ないなどいろいろな決まりがあるからです。

そんな、リベロが果たす、役割とはどんなものがあるのでしょうか。


1.リベロの主な役割

リベロは後衛にいることしかできないため、プレーの中で果たす役割は守備固めです。守備の中心となり、どんなボールでもあげるという強い気持ちを持った選手がいいでしょう。

実際に、コートにリベロがいるときといない時では、安心感が違います。

そういった意味では、存在だけで周りの選手に安心感を与えることが出来ると同時に、それぞれが、それぞれの役割に専念できるというメリットがあります。

そういった安心感を持たせるためにも、レシーブの実力は確固たるものが無くてはなりません。というのも、他の選手はリベロと並んで守備をするとき、間のボールや難しいボールはリベロに任せようとします。

そのようなときでも、しっかりとレシーブできるくらいの実力を身に着けておきましょう。リベロは自分で、点数を稼ぐことが出来ません。

自分が一所懸命につないだボールでも、得点には直接つながりません。しかし、スーパープレーが生まれやすいポジションであるとも言えます。

リベロの気合いあふれるレシーブはチームの士気を高めます。そのように、直接得点につながらなくとも、プレーでチームを盛り上げることが出来るということも忘れないでいましょう。


2.ベンチとの連絡役

リベロはバレーボールの試合中何度も何度もベンチとコートを行き来します。そのため、監督やコーチからの指示を聞いて、他の選手に伝えることがあると思います。これは、タイムをとらずに済むので、効率的です。

しかし、そのリベロの選手が監督やコーチの指示を正確に聞き取り、伝える能力がなければ、全く意味をなしません。そのため、リベロは普段から、チームのことを良く見ておく必要があります。

選手の癖や、いつも監督やコーチにどんなことを言われているか、など見ておけば正確に物事を伝えることが出来るでしょう。

さらに、ベンチから試合を冷静に見ることが出来るので、試合中に気付いたことや、相手の弱点など積極的に伝えることも大切です。バレーボールは相手のコートのすきを突くことが勝利のカギになります。

リベロには、そういったことを冷静に分析し、正確に伝えるということもレシーブをあげるということと同様に重要な役割です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ