バレーボールのリベロのための練習メニュー

リベロは、守備のスペシャリストであり、チームの司令塔であるセッターへつなぐレシーブを担う大事なポジションです。

相手チームへの攻撃とみなされるプレー全般が禁止させていますが、正確なレシーブをすることで、チームの勝利に大きく貢献することは間違いありません。

ここでは、バレーボールのリベロのレシーブが上達する練習メニューについてお話します。


1.リベロとは

リベロにはリベロにだけ適用されるルールがあります。




・リベロは他の選手と違うユニフォームを着用すること。

・後衛の選手と何回も交代することができ、正規の選手交代の回数には数えられない。

しかし、リベロがコートから出るときに交代できるのは、入れ替わっていた選手のみ。

・サーブを打つことができない。

基本的に、サーブ権が回ってくる=後衛が始まるので、サーブ権がなくなったターンからリベロとの交代になります。

・フロントゾーンでリベロがオーバーハンドで上げたトスをネットより高い位置で打ってはならない。

・ブロックをしてはならない。
など、攻撃プレーが一切禁止されています。


2.リベロの練習メニュー

バレーボールのリベロは、ゲーム中、レシーブ中心のプレーになるので、正確にセッターに返球できるレシーブを目指し練習しましょう。


1.レセプション

リベロを狙って打ってくる選手はそういないと思います。

上手い選手を狙ってもAカットされることは間違いありませんから。

チームの作戦に寄りますが、スパイクの十分な準備をさせるためにアタッカーにリベロをつけることがあります。

以上のことより、2ポジション守るフットワークが要求されますので、走りこみながらのレセプション、素早く動く足腰を作っていきましょう。


2.ディグ

ディグが上達する練習メニューとして、実戦を想定して台の上からネット越しにスパイクを打ってもらい、セッターに正確に返球できるようレシーブします。

様々なコースに打ってもらったり、ブロックを配置してワンタッチからのレシーブ、走りながらのレシーブやフライングレシーブもしたりしてみましょう。

また、2人1組の対人も有効です。

そして総合練習として、シートレシーブでコート内の連携プレーを高めましょう。

前衛にいる選手が攻撃をしかけ、後衛にいる選手が近距離に打たれたボールを拾い、セッターに返します。

強打だけでなく、フェイントやプッシュなど様々な打球を入れればどの位置にボールが飛んでくるかわからないので、後衛のレシーバーは声を掛け合いながら連携をとりましょう。

バレーボールのリベロは守備のポジションであり、選ばれた選手はレシーブに長けていると自負し、レシーブ練習に打ち込みましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ