自分に合ったポジションの決め方 | バレーボールが上達する練習方法

今回は、バレーボールをやる上での自分にふさわしいポジションの決め方です。


1.バレーボールにおけるポジションごとの役割

バレーボールでは、主に、レフトスパイカーが2人、セッターが1人、リベロが2人か1人もしくはいなくても良い、センタースパイカーが2人、そしてライトプレイヤーが1人です。

バレーボールはこの6人から8人が主にレギュラーとして試合に出ます。


1.スパイカーポジションの役割

レフトスパイカーは、いわゆるエースポジションと言われます。




チームとしての決め方は、初心者ばかりなら背の高い2人や、レシーブとスパイクのバランスがいい人が決められたりします。

しかし、個人で、やりたいという意思があると、私はその子にもやらせるべきだと思います。

なぜなら、エースとはどんなボールも決めるつもりで打たなければいけないので、気持ちが弱いと務まらないポジションだからです。

センタースパイカーは、主にクイックを打つ選手です。

ミドルブロッカーとも言われ、ブロックにも力を入れるため、こちらも体格が大きな人が求められます。

ライトプレイヤーは、主にセッターの対角に位置する最も器用なプレイヤーが求められます。

現代のバレーボールでは、スーパーエースと言われる、ほぼスパイクのみを打つエースポジションとなることもあります。


2.リベロやセッター

リベロは、レシーブ専門のポジションです。

バレーボールでは、前衛後衛がありますが、リベロは後衛でしか出ることができず、スパイクもサーブもブロックもできません。

セッターは、バレーボールでは最も難しいポジションです。

セッターは、最も決め方として先生などに才能を買われてやるということが多いです。


2.自分にあった決め方

自分にあった決め方としては、理想を言ってしまえば、背が高いものがスパイカーをやり、身長の低い人がリベロや、セッターをやるというのが良いと思います。

しかし、私は背の低いスパイカーを何人も見てきました。

自分にあった決め方と言っても、やる気もないのに背が高いだけでスパイカーをやっても上達は遅いです。


1.決める際に

決め方として、私は個人の意思を尊重します。

しかし、監督とポジションを決める際にやりたくないポジションをやらされて辞めたという人もいます。

自分にあったポジションの決め方というよりかは、監督にこのポジションがやりたいといえば
確かにと言われるようにポジションごとに必要な練習をして上達すると良いでしょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ