バレーボールのライトのための練習メニュー

バレーボールのライトは、一般的なチームでは補助的なアタッカーだったり、セッターの代わりにトスを上げたり、オールラウンダー的存在なので、常にボールや仲間の動きを観察して、そのときの状況に合わせたプレーができるように練習していきます。

ここでは、オールラウンダーとしてのプレーが上達する練習メニューについてお話します。


1.ライトの役割

ライトは、セッター対角と呼ばれることもあり、1本目にセッターがレシーブに入った場合はライトが代わりにトスを上げます。




レフトへのオープントスは相手ブロッカーに読まれてしまうので、センターからのクイックや平行トスも交えるといいでしょう。

ライトもセッターと同じように、トスワークの練習をすることで、実質2枚セッターとなります。

また、レフトやセンターと同じようにアタッカーとしての役割もあります。

右利きの選手は左から上がってくるトスを打つには慣れとコツが必要です。

ですので、ライトをオポジットと呼び、左利きのスーパーエースを置くチームもあります。

前衛はもちろん、後衛に下がってもバックアタックで攻撃を仕掛けられる攻撃力のある選手が選ばれます。


2.ライトからのスパイクの打ち方

先にも少し触れましたが、右利きの選手はライトからのスパイクは打ちにくいものです。

それは、左肩越しに正面を通ったトスを右肩の上でとらえなければならないからです。

ヒットポイントにトスを呼び込めるように踏み込む位置やタイミングを覚えましょう。

ライトからのクロスを狙うときはボールのやや右側を叩き、インナーに打つ際は手首を右から左へ返すイメージで、ストレート打ちは体をネットに正対してライン際に打ちましょう。

ただし、ライトのスパイクはサイドラインの外から助走に入ると、ストレートに打つのはかなり高度な技術が必要です。

ストレート助走でのストレート打ちをベースに、クロスはヒットポイントとスイング方法で打ち分けるようにし、無理はせず、段階を踏んだ練習メニューで上達させていきましょう。


3.ブロック

バレーボールのライトは、主に相手のレフトからのストレートコースのスパイクをブロックする練習も重要です。

レフトはエースが置かれていることが多く、ブロックがないとレシーバーへの負担がかなり大きいでしょう。

コースを限定させるために、ライトはアンテナとの距離をあけずに飛び、後衛は左に詰めることで守備範囲が狭くなり強打でも拾いやすくなります。

ブロックが上達する練習メニューとして、台の上に乗ったアタッカーにスパイクを打ってもらい、ブロックを飛びます。

ブロックアウトを取られたり、吸い込んだりしてしまわないよう、ネットとの距離やブロックの形をしっかり意識して行いましょう。

ライトはバレーボールのポジションの中でも、セッター、アタッカー、ブロッカーなど様々な役割があり、他プレーヤーとの声かけ、連携が伴うシート練習などをするといいでしょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ