セッターが上達するコツ | バレーボールの練習メニュー

バレーボールの役割の一つ、セッターが上達するコツを練習メニューを交えて紹介していきます。セッターはチームの柱となる大きな存在です。


1.セッターの役割

バレーボールのセッターが上達するコツ、まずはセッターについての知識を深めるところからです。

セッターとは、コートの中ではトスをあげる役割を持っています。トスは誰よりも正確に、アタッカーが求める理想のトスを実際にあげることができなければなりません。




トス以外にも、一本目をはじいた時のカバーリングや、ブロック、他にもツーアタックなど、いろいろなプレーをこなします。そのため、ある意味アタッカーよりも疲れるポジションなのだと思います。


2.セッター上達のコツ

ここからはバレーボールでのセッターが上達するコツと、その練習メニューを紹介していきます。

まず、トスの上げ方です。アタッカーが打ちやすいトスは柔らかいトスだと思います。トスをふんわりと、柔らかくあげるためには、ボールがコントロールできる能力が必要です。

ここで、バスケットボールで使うゴールを使うのが効果的だと思います。ボードは使う方法と使わない方法があります。

ボードに当てる方法では、確実に黒い四角の隅に、適度な力を入れて当てなければゴールに入らないので、あげる方向のコントロールに最適です。ボードに当てない方法では、ゴールに直接入れるため、頂点を作る際のコントロールに最適です。

頂点をゴールのネットのすぐ上に作りますので、落下してくるときにふんわりとして、アタッカーが打ちやすいトスにすることができます。

ボードに当てない練習メニューの方は、方向、力加減の、両方コントロールしなければならないのでとても難しいです。

そしてこのときは、オーバーハンドパスの形で、親指が一番大きな役割をします。トスを送り出すときに親指を特に外側に出します。

こうして逆回転のような力をかけることで、落ちてくるのが遅い柔らかいトスにさせることができます。


3.セッターの練習メニュー

バレーボールでのセッターが上達するコツと、その練習メニュー2つ目です。レシーブメニューにセッターとしての役割で参加することです。

ミートレシーブでも、サーブレシーブでも、チャンスレシーブでも、プレーヤーがあげたボールの下にもぐりこんで、オーバーの形でキャッチする所まででよいので、参加しましょう。

これにより、落下地点への素早い潜り込みと、プレーヤーのレシーブの性格を同時に知ることができます。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ