フライングの練習メニュー | バレーボールが上達する方法

バレーボールをとことん拾うには欠かせないフライングの練習。

ですが、実際にやろうとすると怖くてできない人も多いでしょう。

フライングへの恐怖心をなくすには何度も体験することです。

順番に練習していきましょう。


1.フライングの基本

フライングはレシーブで使用します。

フライングの基本的な姿勢は低めに構えることです。

そして低めの姿勢を保ちながらできるだけボールに近寄り、飛び込みます。
目線はボールの下の部分を見て、手はボールの下に滑り込ませます。




床への着地は肘、胸、お腹の順となるようにします。

飛び込むというよりは低い姿勢から床を滑るイメージでいきましょう。


2.マットの上で行うフライングの練習

フライングが怖いのは、手足を床にぶつけるのではないか、皮膚と床がこすれてけがをするのではないか、ということだと思います。

そのため、少しでもその気持ちを減らすために順序だてて慣れていきましょう。

まずはマットを準備し、肘や膝にはサポーターをしましょう。

また、手袋や軍手をするとさらに安心です。

まずは膝をついた姿勢でフライングの感覚を体感しましょう。

マットの上に立ち、レシーブの姿勢からそのまま低い方の位置にある膝をマットにつけてしまいます。

そしてその姿勢から体を滑り出すように前へ出ます。

肘、胸、お腹の順にマットについたことを確認します。

また、すべりこんだ後は頭を少し上げ、顎をぶつけないように注意します。

まずはマットの上で恐怖心が消えるまで繰り返し行いましょう。

恐怖心を紛らわせるためには途中からマットの上にバレーボールを投げて、ボールを拾うことに集中させるのも手です。

恐怖心がなくなったら、膝をつかない状態からの練習に切り替えます。


3.コート上での練習

マットや手袋などがない状態でフライングが可能となったら、ボールを使って床の上で練習しましょう。

まずは選手の真正面にボールを落としてフライングの感覚をつかみます。

特にどのくらいの位置で飛ぶと、どのくらい前に進むのかは、ジャンプ力や思い切りに寄るので、体感しておくことが重要です。

正面がとれるようになったら少し左右にボールを振ります。

足にも利き足があるので、右と左では飛ぶ距離が異なりますので、その感覚も体感しておきましょう。

フライングができるようになると、バレーボールの守備範囲が飛躍的に増えます。

今まであきらめていたボールもあげられるようになるため、守備に自信が強く様になります。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ