バレーボールのレシーブの正しいフォーム

バレーボールのレシーブでは正しいフォームでレシーブをすることが大切になってきます。


1.レシーブの正しいフォーム

バレーボールのレシーブでは正しいフォームがあります。

さっそくですが、正しいフォームとは、腰を低く落とし、自分がボールをレシーブして返したい方向に体を正面に向けることです。

レシーブとはフォームがきちんとしていれば、初心者でもすぐに上達することができます。




しかしレシーブにもよくないフォームがあります。


1.NGなフォーム

NGなフォームで最も多いのは、腰が高いというフォームです。

腰が高いと、低い位置のボールをレシーブすることができないので、レシーブできるボールをレシーブできなくなります。

正しいフォームだと取れるボールが取れないのはそんなので、しっかりと腰を落としてレシーブしましょう。


2.NGなフォーム2

次にNGなフォームとしてありがちなのは、正面に入らないということです。

バレーボールはボール自体がスパイクやサーブのような速いボールでなければ、腕を伸ばして届くところのボールをレシーブしても、大きく弾くということはありません。

これは上達した人ほど陥りがちな正しくないフォームです。

誰だって足を動かすことなく、ボールを返すことができるのなら、手を伸ばして足を動かさず、レシーブしたいと思います。

しかしこのサボりがいつか大きなミスとなるので、しっかり正面に入りましょう。


2.正しいフォームでやるメリット

正しいフォームでレシーブの練習に取り組むと上達が早くなります。

バレーボールはレシーブができないと何も始まらないので、きちんとフォームを意識しましょう。


1.正しいフォームのチーム

正しいフォームをしているチームは見ていて相手からするととても嫌なものです。

また、正しいフォームをしているだけで強く見えます。

汚いフォームで強いチームを私は見たことはないので、フォームを正しくすることはそういったメリットもあるとおもいます。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ