バレーボールのレシーブで膝の使い方

バレーボールでは、レシーブで膝を使えとよく教え込まれます。

しかし、膝を使うとはどういうことなのでしょうか。


1.レシーブで膝を使うとは

バレーボールではレシーブを初めて教えてもらった時に、膝を使えとよく教え込まれます。

しかし、膝を使えと言われても普通の生活で膝を使うということがほとんど経験のないために、よくわからないと思います。




具体的にいうと膝の屈伸運動のようなものです。


1.なぜレシーブで膝を使うか

レシーブで膝を使う理由は、膝を使ったほうがレシーブが優しくなるからです。

バレーボールではレシーブが優しいのと優しくないのではトスの難易度が変わってきます。

なのでレシーブは膝を使って優しく返します。


2.膝を使わないと

もしバレーボールで、膝を使わずにレシーブを返すと腕を振っただけのレシーブになってしまいます。

これは安定性もなくなる上に、雑になってしまうのでよくありません。

そのために膝を使うのです。


2.膝を使わない場合

しかし膝を使わないようなレシーブもあります。

それが強打レシーブです。

サーブカットでも膝を使わずに当てるだけという人もいますが、アンダーサーブやゆるい前へのサーブでは膝を使うので使わないことはないです。


1.強打レシーブ

強打レシーブは膝を使いません。

というか使っている暇もありません。

これは、面を作ってその場所にボールを当てるしかあげる方法がありません。


2.膝の怪我

バレーボールでは、レシーブの際、膝を体育館の床ですることがあります。

上達すれば、うまく足を動かして、ボールを拾いに行くことができますが、下手なうちは膝をすべらせて取りに行ってしまったりするので、膝を摩擦で擦りむきます。

これはお風呂などに入るとわかりますが、非常に痛いです。

しかし、ボールをレシーブしなければいけません。

足をしっかり動かせるようになって、そこで膝をうまく使ってレシーブができるように練習しましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ