バレーボールのレシーブの基本

今回は、バレーボールのレシーブの基本についてです。


1.レシーブとは

基本ということなので、本当にはじたりから書きます。

バレーボールは大きく分けて3つ、レシーブ、トス、スパイクというふうにわかれています。

そのうちのレシーブとは、相手から来たボールをトスを上げるセッターに返すことを言います。





1.レシーブの種類

バレーボールのレシーブの種類としては、チャンスカット、サーブレシーブ、強打レシーブ、の3があります。

基本となるのがチャンスカットです。初めはこれが上達しないと、他の3つはできないことが多いです。

たまにサーブカットだけがうまいという人もいます。

そのサーブカットとは、文字通り、相手からのサーブをレシーブすることです。

強打レシーブは相手から打ち込まれたスパイクを上げることになります。


2.フェイント

レシーブの中で注意するのは、前へのフェイントがあることです。

これは、うまい下手関係なく、緩いボールなので構えて入れば普通のチャンスカットと変わりません。

しかし、強打に備えて下がっていいるととれません。

なので、フェイントにも対応できるのがいいレシーブです。


2.レシーブの基本

レシーブの基本としては、相手を思いやって返すことです。

これが案外難しく、上達するまでは、高すぎるレシーブや、速すぎるレシーブなどになっていて、思いやりに欠けることがあります。

なぜ思いやるのかというと、レシーブとは、セッターがあげやすいように上げることが上げることの次に大切だからです。

それは上達しないとなかなかできないことですが、バレーボールはチームスポーツなので、思いやってください。


1.基本の次

基本がしっかりすれば片手でレシーブしたり、飛び込んでレシーブしたりという、一歩先のプレーができるように練習します。

ただし、こういったものは基本が身についていないとうまくできないので、まずは完璧に基本を身につけることから始めましょう。

それが上達への近道になります。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ