バレーボールのレシーブの正しい手の形

バレーボールのレシーブの手の形を三種類のほどのパターンに分けて見ていきたいと思います。


1.レシーブの種類

今回は、バレーボールのレシーバーの種類ごとの手の形を見ていきます。

どのような形があげやすいかを徒歩前で実践して見ましょう。


1.アンダーハンドパス

バレーボールのレシーブといえばアンダーハンドパスを思いつくと思います。




このレシーブの手の形は、最も多いのは、パーパー重ね合わせ、その上から包み込んだものになります。

たまにグーになっている人もいます。

手の形としては、ボールにすぐに反応しなければいけないので、組みやすいものである必要があります。


2.オーバーハンドパスでのレシーブ

バレーボールのレシーブとしては、オーバーハンドパスでのレシーブもあります。

こちらの手の形は、手でしっかり掴む必要があるので、バレーボールを包み込めるぐらいの大きさのパーをイメージしてください。

これでボールを包み込みにいきます。


2.その他のレシーブ

バレーボールには、他にもレシーブがあります。

基本は、上記の2つが良いのですが、相手が上達していくと、それでは、反応できないことがあります。

他の2つは、オーバーカットと片手でのレシーブです。


1.オーバーカット

オーバーハンドパスは、トスを上げるような構えで取るのに対し、このオーバーカットは、手をパーにして、この手の2つで、かめはめ波のような形を作ってその凹んだところにボールを当てるレシーブです。

このレシーブは、手を組む時間がないほど速いスパイクに反応するためのものです。

このレシーブは、確実性が低くなるので、むすがしいですが、上達すれば非常に使えます。


2.片手レシーブ

片手でのレシーブは、片方の手の握りこぶしを固く握ってレシーブします。

固く握っていないとただでさえ、安定感がないので、安定しないためよくないです。

安定感を出すために手の形は、固く握ると良いでしょう。

手の形は意外と重要だったりするので是非意識して見てください。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ