バレーボールのレシーブの形の紹介

今回はバレーボールのレシーブの形についてです。


1.レシーブの陣形

バレーボールのレシーブの形として、まずは、人の配置としての形を紹介していきます。

コートを六人として、前衛が三人、後衛が三人です。

前衛の人がスパイクやブロックのネット側でプレーする人たちです。

後衛が主にレシーブをする人たちです。




レシーブのの配置として、もし、相手のレフト側から攻撃された場合、前衛の相手のレフト側の2人がブロックに飛び、残った前衛の1人と後衛の3人がレシーブします。

バレーボールでは、この形が基本です。

もし、逆にライト側から攻撃されたら、
今とは反対の形になってレシーブします。

人の配置としてはこの形が基本的なレシーブ陣形です。

場合によってはブロッカーの数を減らしたり、ブロッカーの数を増やしたりする場合がありますが、それはチームの事情や相手によるので割愛させていただきます。


1.レシーバーの位置の名前

先ほどの陣形で、相手のレフト側の後衛の人がストレートレシーブ。

真ん中の人がセンターレシーブです。

一番レフト側から離れた人をクロスレシーブと言います。


2.位置の役割

ストレートレシーブは主にフェイントや、コースのボールを、センターはブロッカーが一度触って弾かれたボールを、クロスは相手の一番強いボールを取ります。

レシーブが上手い人がクロスに入りがちです。


1.レシーブの形

レシーブの形としては、オーバーハンドパスとアンダーハンドパスがあります。

オーバーハンドパスの方が形は意識されることが多く、三角形をイメージすると上達しやすいです。

初めは、軽く持つぐらいの感覚でパスをすると上達のコツがわかると思います。

バレーボールではなく、バスケットボールを使う場合もあります。


1.アンダーハンドパス

アンダーハンドパスは定形というよりは、数をこなして、自分なりの形を見つけていくのがいいと思います。

私は色々定型を教え込まれましたが、あまりしっくりこなかったので、自分なりにやりやすいフォームを模索しました。

指導されたフォームに従うのが一番上達できますが、しっくりこなければ我流を少し取り入れてみるのもありかと思います。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ