バレーボールでレシーブの手の握り方

バレーボールでのレシーブの握りについての説明です。


1.バレーボールにおける握り

握りと言われると私は、何か棒のような長いものを握るイメージがあります。

例えば、バトミントンやテニスのラケットなどです。

しかし、バレーボールには、そのような長い棒のようなものはありません。

では何を握るのでしょうか。


1.自分の手を握る

答えは、自分の指です。




握るというよりかは、包むという表現をする方もいます。

しかしそれは、上達して、ボールを柔らかく返すといった人のアドバイスです。

もし、バレーボールを初めたてで、あれば包むというより、手を握ると表現したほうがわかりやすいのではないかと思います。


2.正しい握り方

正しい握り方としましては、自分の左手で上から右手を包みます。

上からといっても、下に左でが来るように構えるので、下から包むという表現になります。

左手で右手握ります。


2.バレーボールのレシーブでの握りの使い方

バレーボールでレシーブは手の力をしっかりこめないと、初めのうちは弾き飛ばされてしまうかもしれません。

なので、握りの力加減は非常に大切です。

しかしかといって、あまりにもキツキツに握りすぎると、力が強すぎて、相手コートへと返してしまうことになります。

バレーボールでは、相手コートに直接返すと、相手にとってはチャンスボールとなってしまいますので、できる限り避けるべきプレーです。


1.相手コートに返さないためには

レシーブを相手コートに返さないためには、手の握りは強く、しかしボールの勢いは殺すという難しいのは技術が必要です、

これは上達が難しく、長年やっている人でもなかなか難しいです。

では、いったいどのように上達させるのでしょうか。


2.返さないレシーブのコツ

その相手コートに返さないレシーブのコツは、初心者であれば、まずは真上に上げることです。

天井が低い体育館などもありますが、バレーボールをする体育館は比較的天井は高いはずですので、まずは上に高く上げてみてください。

それができるようになれば徐々に勢い殺せるようになるはずです。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ