バレーボールのレシーブの打ち方

バレーボールのレシーブで当てるのではなく、打つと表現することがあります。打ち方とはどういうことなのでしょうか。


1.レシーブ打つ

バレーボールで古い指導者の方の中にレシーブを打つという表現をされることがあります。

その打ち方というのが弾くように当てるということだと思うのですが私としては打ち方を教えるというのはあまりピンときません。




なぜなら、バレーボールとは、基本優しく返す方がセッターがあげやすいからです。

ただ、バレーボールのレシーブでも打つという表現をする場合があります。


1.レシーブで打つ時とは

それは、アンダーハンドサーブなどの弱いボールです。

弱いとは具体的にボールに勢いがないことを言い、ただ当てるだけではセッターにきちんと返らないボールのことを言います。


2.ボールを打つ

ただ、打つといっても、はてなが頭に浮かぶと思います。

私の打つの感覚としてはボールに対して腕を振るというのが正しいと思います。

しかし、この腕を振るというのはあまり良いことではなく、膝を使ってあげる。

とバレーボールを始めたての頃によく怒られたものです。


2.レシーブは打たない

基本的にレシーブで打つという感覚を持つのはやめてください。

先ほども書いた通りセッターにはあげやすいように優しいカットを返すのが良いです。

中には早いボールがいいというセッターもいますが基本は優しくです。

それが上達への一歩です。


1.打たなければどの感覚が良いのか

基本的に私はレシーブをするときは上達する為にレシーブは当てるだけというのを意識します。

確かに、全て当てているだけか、と聞かれるとたまに腕を振っています。

ただそれはあくまで微調節程度のものになるので打つというイメージではないです。

当てて、押し出すというような感覚が私は一番正しいのではないかと思います。

バレーボールのレシーブではこの感覚を大切にして練習すれば上達への近道になるのではないかと私は思います。

初心者には難しいかもしれませんが、しばらく練習するとわかる感覚だと思います。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ