バレーボールのレシーブの体勢を重視

バレーボールのレシーブは体勢が大切です。

この体勢を今回は学んで行きましょう


1.バレーボールにおける基本体勢

バレーボールのレシーブの基本体勢は、前傾姿勢で、腰を落とす、野球の内野守備のような体勢を思い浮かべていた抱けるとわかりやすいと思います。

その体勢でないと、全てのボールに対応することができないと思います。




もともと身長が低い方だと、重心が低いため、体勢をわざわざこのようにする必要がないかもしれません。


1.レシーブの体勢

レシーブの基本体勢と言いましたが、たまにボールを恐れて、腰が引けたようなフォームの人をたまに見かけます。

レシーブで腰を引くというのはあまり褒められたものではありません。

上達した中でボールの勢い殺すために腰を少し使うというのはあるかもしれませんが、基本は腰を浮かしたり、ジャンプしたりするのは良くないとされています。


2.NGな体勢

先ほども言ったようにバレーボールのレシーブでNGな体勢があります。

後ろに重心が乗っているような体勢です。

後ろに重心が乗っていると確かにレシーブの安定はするかもしれませんが、先ほど前傾姿勢にしたのは、前のボールを拾うためです。

これができなくなるのでNGな体勢となります。

バレーボールでは、レシーブをするときは止まらないといけないので、レシーブをするまさにそのタイミングに、後ろに重心があるのは構わないです。


2.体勢が良くても

体勢が良くてもなかなか上達せず、レシーブが嫌になることがあるかもしれません。

それは、レシーブの体勢はできているけど、その体勢で動くことがうまくできないというのが原因かもしれません。


1.レシーブの体勢のまま動く

レシーブの体勢のまま動くというのはやってみるとわかりますが非常に大変です。

この動きを上達させるにはこの動きを体に覚えこませるため、この体勢のまま、ゆっくりでもボールを拾わせる練習などをするといいと思います。

これで体勢がよいと、レシーブが上がってバレーボールが楽しくなると思います。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ