バレーボールのレシーブの正しい姿勢

バレーボールのレシーブでは姿勢が大切です。

改めて姿勢を、見返していきましょう。


1.バレーボールにおける基本姿勢

バレーボールのレシーブの基本姿勢は中腰よりやや浮かしたぐらいで、前後左右の動きに機敏に対応できるような姿勢が望ましいです。

バレーボールでは、自分が予測しているよりもはるかにいろんなパターンのボールがあります。




それは自分の上達や、周りが上達するすればするほどにさまざまになってきます。

その全てに対応できる姿勢が非常に大切です。


1.NGな姿勢

NGな姿勢は、足がべったり地面に張り付いていて、前のボールや後ろのボールに一切反応できないことです。

わたしも当時初めたては絶対にレシーブするという意思が強すぎてむしろ、足がべったり張り付いて、全く前のボールが取れませんでした。

繰り返しになりますが、バレーボールでは様々なパターンのボールをレシーブしなければいけません。

なのでこの姿勢はNGです。


2.レシーブの姿勢をきちんとしないと

レシーブの姿勢を適当に棒立ちしていると、低い位置のボールが取れません。

バレーボールは、叩き落としたするボールもあるので、低い位置にいればいるほど撮りやすいです。

なので棒立ちはせず、しっかり姿勢を低くしてください。


2.挑む姿勢

今は形としての姿勢を書きましたが、心構えとしての姿勢もバレーボールでは大切です。

バレーボールには、相手がいますので、相手の渾身のスパイを拾ったからといって、相手を挑発したりせずに、良識をわきまえたような姿勢で試合に臨みましょう。


1.NGな姿勢

こちらもNGな姿勢として、かつての対戦したチームでとても挑発してくるチームがありました。

当然公式戦ではそのチームはイエローカードを出されていました。

そういったチームは、そういった点で損をしているので、やめた方が良いと思います。

相手を煽ってミスを誘うのは、よくない姿勢だとわたしは考えますので、スポーツマンシップをわきまえたプレーを心がけましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ