バレーボールのレシーブで肩を入れる

バレーボールのレシーブでは、手で行くとはじかれる時があるので肩を入れることがあります。


1.肩を入れるレシーブ

肩を入れるときの例としては、サーブカットが挙げられます。

うまい人のサーブは、うまい具合に空気の抵抗を受けて揺れます。

その揺れたバレーボールに正面でレシーブできたときは上がりますが、ついていけなくて手だけで取る事があります。




そういったときはボールが腕の正しい面に当たらずボールを弾き飛ばしてしまいます。

そういったミスを防ぐために、最後に肩を入れます。


1.サーブカットの肩を入れる

正直フローターサーブぐらいなら揺れているだけなので真正面でレシーブすることができます。

しかし、バレーボールにはジャンプサーブやジャンプフローターサーブなどがあり、フローターサーブに比べて格段に加速するので、そういったボールには、真正面では入れない時があります。

そこで肩を入れるのです。

肩を入れるだけで弾くリスクが減るのでサーブでの即失点というのがすぐ減ります。

サーブカットも上達します。


2.肩の入れ方

肩を入れるのは、タイミングさえわかればすぐにできます。

ボールタッチの瞬間に帰したい方向にまっすぐになるように肩を入れれば返せます。


2.肩でレシーブ

たまにバレーボールをで肩でレシーブすることがあります。

あまりに速いスパイで一切反応ができなかったけれど、たまたま肩にあたって上がる。

ということです。実はこれ、バレーボールではよくあるんです。

私も初心者の時によくやっていましたが、肩に当たるということは、反応できていないプラス構えができていないため、本来ならオーバーで取れるところで取れていないことになるので本当は良くないです。上達が足りていないです。

しかし、せっかく上がったのならこのプレーに驚かずにみんなでつないでなんとか攻撃できる形にしましょう。


1.変わったプレーの後

公式戦ではあまりこういうプレーはないと思いますが、練習ではこのようなまぐれプレーがたまにあります。

そういうときは、みんな気を抜きがちでミスにつながるケースが多いです。

しかし、普段からそういうミスのないようなバレーボールをするチームが勝てるので、ミスのないようにしたいところです。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ