バレーボールのレシーブの上手な滑り込みをするには?

バレーボールでどうしてもあと一歩レシーブでは届かない時に使うのが滑り込みです。

今回は滑り込みのコツを書いていきます。


1.滑り込み

バレーボールの滑り込みとは、体を床に向けて叩きつけるような動きをする途中でボールをレシーブして、その後着地のタイミングでうまく受け身を取るというものです。

なので、初めは恐怖との戦いになるのではないかと思います。




体育館の床は硬いのだそこに向かって思いっきり体を滑り込みすると、あごからいってしまったりした場合かなり痛いです。

そういったことを防ぐための練習がフライングレシーブです。


1.フライングレシーブ

バレーボールでは滑り込みのことをフライングといいます。

そしてそこにレシーブが加わるのでフライングレシーブと言います。

体を滑り込ませる、ボールをレシーブする、受け身を取る。

この順番で進めていきます。

初めは高いところからいくと怖いと思うので、上達するまでは低い位置でこの受け身の練習だけします。

腕立てのような感覚で、体を浮かせて、胸から床につけていきます。

これを何度も繰り返すと上達します。

ここに実際にバレーボールをレシーブするのはこのフライングが上手くなってからですね。


2.フライング不必要

フライングでレシーブする際のコツとしては、床のギリギリのタイミングのボールを取りに行くことです。

よくフライングレシーブをしているけど、そのボールは足を動かせば普通に取れるんじゃないかと思うボールがあります。

そういったものは普通に足を動かして取る方がバレーボールでは定石です。

なので、そういった場合は足を動かしてとりましょう。


2.滑り込みの恐怖

それでもやはり、滑り込みに対する恐怖があると思います。

それを失くすのはやはり、練習かと思いますが、イメージトレーニングを重ねることも1つだと思います。


1.綺麗なフォームを真似る

イメージトレーニングするにも、限界があるので、チームでフライングが綺麗な人や、動画などを見てイメージしましょう。

これが恐怖も忘れ、なおかつ上達にも繋がると思います。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ