バレーボールのレシーブの正しい構えについて

バレーボールのレシーブには構えがあって、今回はそれを書いていきます。


1.バレーボールにおける構え

バレーボールの構えとしては、オーバーハンドパスでもレシーブでき、アンダーハンドパスでも反応できるようにする必要があります。

また、フェイントと強打にも対応できるような構えである必要があります。

そこから考えられる理想の構えは、手はアンダーハンドパスを作る位置とオーバーハンドパスができる位置のちょうど中間に位置しているのが良いです。




足は、フェイントにも対応できるように、前に出ることもできるし、レシーブは止まってとるので、適度に後ろに重心がかかっているような構えが良いです。


1.構えていないと

バレーボールでは構えていないと早いスパイクなどは一切反応できないということがあります。

なので、構えは絶対に必要です。

うまいレシーブは形から入るという風によく教えられたので、構えの姿勢のまま、コートを歩いて進むというような練習もさせられました。

とてもキツかったことを今でも記憶しています。


2.構えの練習法

先ほども紹介したように、構えの姿勢のままバレーボールのコートを一周するような練習法や、空気椅子で、中腰の姿勢をキープする練習などがあります。

このバレーの構えの姿勢というのはとてもきつく、初めたての頃は全く続きませんでした。

しかし、この構えが上手くできるようになってくると自然とレシーブもわかって来ます。

バレーボールのレシーブはやはり構えからです。


2.構えない人

時たまプロになるとサーブカットではボールがくるギリギリまで構えない人がいます。

その人たちはそうした方が上がると練習の中で学んだので、そうなったと思います。

初めたてのうちは構えてください。

レシーブは何百何千と形を繰り返すことで上達するので、早く上達したい人は、体に構えの感覚を刷り込んでいくことが大切です。


1.他のスポーツの構え

バレーボールでの構えと野球の内野守備の構えはとてもにているので、野球をやっていた方はわかりやすいと思います。

サッカーなどでもゴールキーパーだと近い姿勢があるかと思います。

他のスポーツをしていると意外とすぐ身につくかもしれません。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ