バレーボールのレシーブのタイミングのつかみ方

バレーボールのレシーブのタイミングについて書いて行きたいと思います。


1.レシーブのタイミング

バレーボールのレシーブにはタイミングというものがあります。

レシーブのタイミングとは、どのタイミングでボールを腕や手に当てるかということです。


1.アンダーハンドパス

このタイミングというのは、アンダーハンドパスとオーバーハンドパスで分かれます。




アンダーハンドパスでのレシーブのタイミングは、自分の体の真正面に自分のアンダーの面を出すので、相手が打ってから1秒よりは短いぐらいです。

この感覚は、実際に考えると、そんな時間で反応できるものかと思いますが、上達すれば上達するほどによく見えるようになります。

バレーボールは、目がいいととても有利にプレイすることができます。


2.オーバーハンドパス

オーバーハンドパスでのレシーブは、アンダーよりも自分の高い位置で取るので、タイミングとしてはさらに早くとらなければいけません。

タイミングがとても難しいのですが、慣れるとオーバーの方が反応しやすいという人がいます。

しかし、オーバーで、取るということは、自分の身長によっては、そのまま放っておくと、アウトになる可能性もあるので、余計に触る必要がない場合もあります。


2.バレーボールの大麻

バレーボールのタイミングとして難しいのは、レシーブよりスパイクの方だと考えられます。

レシーブは、反射などで、なんとか対応できます。

スパイクは対応できません。


1.レシーブしながら観察

スパイクのタイミングは、レシーブしながら相手の動きを見て覚えます。

もしくは、その逆もあります。

スパイクのタイミングがわかったから、レシーブするときに、このタイミングでボールが来るな。

ということがわかるようになるのです。

バレーボールは、他のポジションでのタイミングなどがわかれば、自分のポジションにも生きてくるということがよくあります。

このように、上達したければ、他のポジションの経験などからタイミングを計るのもありだと思います。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ