バレーボールのレシーブのタイミングのつかみ方

バレーボールのレシーブのタイミングについて書いて行きたいと思います。


1.レシーブのタイミング

バレーボールのレシーブにはタイミングというものがあります。

レシーブのタイミングとは、どのタイミングでボールを腕や手に当てるかということです。


1.アンダーハンドパス

このタイミングというのは、アンダーハンドパスとオーバーハンドパスで分かれます。

アンダーハンドパスでのレシーブのタイミングは、自分の体の真正面に自分のアンダーの面を出すので、相手が打ってから1秒よりは短いぐらいです。

この感覚は、実際に考えると、そんな時間で反応できるものかと思いますが、上達すれば上達するほどによく見えるようになります。

バレーボールは、目がいいととても有利にプレイすることができます。


2.オーバーハンドパス

オーバーハンドパスでのレシーブは、アンダーよりも自分の高い位置で取るので、タイミングとしてはさらに早くとらなければいけません。

タイミングがとても難しいのですが、慣れるとオーバーの方が反応しやすいという人がいます。

しかし、オーバーで、取るということは、自分の身長によっては、そのまま放っておくと、アウトになる可能性もあるので、余計に触る必要がない場合もあります。


2.バレーボールの大麻

バレーボールのタイミングとして難しいのは、レシーブよりスパイクの方だと考えられます。

レシーブは、反射などで、なんとか対応できます。

スパイクは対応できません。


1.レシーブしながら観察

スパイクのタイミングは、レシーブしながら相手の動きを見て覚えます。

もしくは、その逆もあります。

スパイクのタイミングがわかったから、レシーブするときに、このタイミングでボールが来るな。

ということがわかるようになるのです。

バレーボールは、他のポジションでのタイミングなどがわかれば、自分のポジションにも生きてくるということがよくあります。

このように、上達したければ、他のポジションの経験などからタイミングを計るのもありだと思います。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ