バレーボールのレシーブの種類

バレーボールのレシーブにはいくつかの種類があります。

今回はそれを紹介していきたいと思います。


1.レシーブの種類

バレーボールのレシーブには種類があります。

それぞれ用途があり、使い分けることができるので今回はそれを書いていきます。


1.オーバーでのレシーブ

オーバーハンドパスでのレシーブです。

これは、自分の最も高い位置で取ることのレシーブです。




このレシーブは、自分の体で最もコントロールしやすい手を使ってやるので、スパイクレシーブにしろ、サーブレシーブにしろ最も安定します。

しかし、バレーボールで男子のスピードともなると、指をついて怪我をしてしまう可能性がありますので、十分な注意が必要です。


2.オーバーの難しさ

一時期バレーボールのルールで、オーバーでレシーブすると、ほぼダブルコンタクトを取られるという時期がありました。

そのルールは今は無くなりましたが、とても厳しいルールでした。

なくなったとはいえ、回転は少ない方がいいので、回転を抑えられるように上達すると良いでしょう。


2.他のレシーブ

オーバー以外のレシーブとなるとアンダーハンドでのレシーブが挙げられます。

こちらは、厳しいルールなどもなく、バレーボールのレシーブと聞くとほとんどの方がこちらを意識すると思います。


1.アンダーハンドパス

自分の手首より5センチから10センチ自分の体の近いところに当ててレシーブすることを言います。

このアンダーハンドパスは、慣れるまでは手が痛い、コントロールできないという問題がありますが、上達していくとオーバー並みに安定します。

しかし、オーバーよりは不安定な腕でレシーブするので当たる位置を少しでも横にずらすとはじいてしまいます。

この2つがバレーボールの主なレシーブの種類です。


2.2つ以外のレシーブ

他には、ワンハンドでのレシーブや、片手でのグーパンチでのレシーブがあります。

どちらも届かない時などにやりますが、本来は両手で行った方がいいので、オーバーハンドパスやアンダーハンドパスでの正面のレシーブを心がけましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ