バレーボールのレシーブで当てる場所は?

バレーボールで難しいとされるレシーブですが、当てる場所がとても重要になってきます。

ではどの辺りに当てるのが良いのでしょうか?


1.レシーブの当てる場所

レシーブはいったいどこが当てる場所として正解なのでしょうか。

私の経験からすると、手首に当てるか、手首より5センチか10センチほど上の腕の中で一番面積の大きい部分であります。

正しい位置に正しく返すには、いつも決まった位置に当てることが大切です。





1.レシーブの当てる角度

位置が決まれば角度も大切です。位置がよくても角度がおかしければセッターからはあげにくいものになります。

平行すぎてはだめですが、高くてもやはり、セッターからすると嫌なものです。

高すぎずに山なりで、セッターがきちんとボールの下に入れるような高さにあげましょう。


2.レシーブは上がればオッケー

男子のスパイクともなると早すぎて、きちんとあげるのが非常に難しいです。

当てる場所よりもバレーボールでは、上がれば最悪オッケーという考えもあります。

ただその際も自分の真上ではなく、誰かのいるところにあげるようにしましょう。

自分の真上ではカバーがしにくく、お見合いと呼ばれる、まあってボールを落とすような現象も起こります。

上達すれば、そういうこともなくなっていきますが、声を掛け合って対策していきましょう。

男子同士のお見合いは、監督などから女子とやれ!というのヤジが飛んでくることもあります。笑


1.チャンスボールは正確に

とはいえ、バレーボールで1つ目のレシーブは大切なので、チャンスボールはきちんと決まった位置にあて、ボールを変えさなければいけません。チャンスボールがきちんと返らないと、セッターが真ともなトスを上げることができず、時間差やクイックというような相手のブロックを分散させる攻撃ができません。

そのような攻撃をするためには、チャンスボールはネットの真ん中(体育館であれば、バスケットコートの円などがあることが多い)を目標にして相手コートに返さず、ネットに近すぎず、離れすぎずの距離にあげましょう。

バレーボールを
決まった当てる場所に決まった角度で当てるというのが上達への近道だと私は思います。

バレーボールで本当に楽しい場面はレシーブをきっちり返すところから始まるので頑張って上達しましょう!!






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ