バレーボールのレシーブの手首の使い方

バレーボールのレシーブの手首の使い方について書いていきたいと思います。


1.バレーボールにおける手首

バレーボールでは、レシーブの際、手首の5センチか10センチぐらい上のところでレシーブします。

この際手首に、当ててレシーブすると言う方も中にはいますが、私は手首よりは少し上というのが最も安定すると思いますので、このように説明させていただきます。


1.手首でコントロール

私は、レシーブをする際、手首はコントロールに使うと思っています。

例えば、返す距離が長い場合は、当てる位置を手首の硬い部分に当てると、バレーボールは当然よく飛びます。


2.手首の使い方

手首でコントロールといっても、当てる場所は手首より上と書きましたので、どのようにコントロールするのかということを説明します。

バレーボールでは、レシーブをする瞬間にボールの勢いを殺そうとする必要があります。

なぜならボールが高すぎると、セッターがあげにくく、ダブルコンタクトの可能性を増やすことになるからです。

そのためレシーブをする際、ボールの勢い殺すために、一瞬力を手前に引いたり、手首に力を入れたり、抜いたりして、勢い殺します。

これば上達していれば、感覚でわかるのですが、上達しないとなんとなくの感覚もわかりにくいかと思います。

参考程度に、私はスパイク練習などで相手のスパイクの強さや、重さなどを判断して、どのように勢い殺すかを決めています。


2.手首の怪我

バレーボールで手首の怪我をしたことがあります。

それはレシーブの際ではありませんが、練習中のブロックで少し痛めてしまったものです。

こういった怪我はレシーブに非常に響くので、手首に怪我をしてしまうとバレーボールでは、レシーブができなくなるので手首の怪我を気をつけましょう。


1.手首を使う

バレーボールで手首を使うのは、レシーブだけではありません。

スパイクの際にミートと呼ばれる回転を手首のスナップを使って回転かけます。

このミートはバレーボールをやる上で絶対に必要や技術ですので、レシーブの手首とともに、頑張って技術を向上させましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ