スパイクレシーブのやり方と上達のコツ | バレーボールが上達する練習メニュー

バレーボールのスパイクレシーブについて練習メニューを混ぜながら説明していきます。


1.スパイクレシーブをするために

まずスパイカーの癖を見つけます。スパイカーによってタイミングやバレーボールの打点の高さ、コースの狙い方が変わるため、それによってスパイクレシーブの仕方を変えるからです。

レシーバーはそれをスパイカーの動きから読み取り、場所を移動したり、アンダーを組む位置を工夫したりします。それでは、より具体的なシチュエーションや練習メニューで説明していきます。




まず、スパイクレシーブをするときは打たれた球をアンダーに当てるだけ、という感覚で行うと良いと思います。

スパイクレシーブの時、無理に腕を使ってしまうと、バレーボールにかかったミートで方向がコントロールできなくなったり、高さがあるレシーブになるので、2本目にセッターがあげにくくなります。

もうひとつ、オーバーなど上で組むものはスパイクレシーブでは使わない方が良いです。

オーバーだとスパイクの強さを抑えられず、前にあげられない確率が多くなり、突き指をしやすいこと、3本目をスパイクで返しにくくなることがあります。

ですので、スタンディングで返してくるときは体を前に出せるように、コースを狙いそうなスパイクを打ってきそうなときは後ろに下がり、ほとんどがアンダーを組んでスパイクレシーブができるように、体と腕の動きを連動させます。


2.スパイクレシーブの練習メニュー

まず、バレーボールにミートがかかっているスパイクは前に押し出せば、勢いが弱まることから、ミートレシーブをできるようにします。

ミートレシーブは2人で向き合ってミートを打つ側、そのミートをレシーブする側に分かれ、ほぼ同じ場所で10本連続でミートをまっすぐ前にあげる練習です。

それが大体できるようになりましたら、スリーメンを練習します。3人で逆三角形を作り、ボール出しにトスをあげ、ミートを打ってもらいます。先程のミートレシーブと違うのは、6人の後衛の隊形で練習することです。

人と人の間に打たれるボールもしばしばあり、それは構えの形ではレシーブできないので、飛び込みます。ボールが落ちる場所に頭と腰を低くして入り、レシーブしながら駆け抜けてボールを送りだします。

最後に、バレーボールをする人はおそらく膝のサポーターを付けていると思いますが、スパイクレシーブでも他のものでも、あまりサポーターに頼りすぎないようにします。

膝をついてばかりいるとそれが定着し、スパイクレシーブ時で言えば、飛び込めば触れる距離にいるとき、膝をついたがためにあと一歩で届かなくなることがあります。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ