レシーブの基本的な構え方 | バレーボールが上達する練習メニュー

ここでは、バレーボールのレシーブの構えについて書いてきたいと思います。バレーボールの基本になりますので、しっかりと身に着けましょう。


1.ボールが飛んでくるまで

主にサーブレシーブ時の構えになります。足は、肩幅より広めに、広げます。レフト側にいる場合は右足を、ライト側にいるときは、左足を少し前に出しておきます。

そして、ひざは、上から見たときに、つま先が隠れるくらいまで曲げます。少し前傾姿勢になるように、かかとは少しだけ浮かせます。




手は、オーバーにもアンダーにも対応できるように、ひじを曲げて、上げておきます。体全体の力を抜いて、すぐにボールに対応できるようにしておきます。

練習メニューと言っては大袈裟ですが、どんな時でも瞬時にこの構えが出来るように、何度も練習しておきましょう。


2.ボールをとるとき~アンダー編~

アンダーの時は、手はしっかりと組み、離れないようにします。肩甲骨をぐっと開いて、ぶれないようにします。

ボールをとるときはボールを迎えにいったりせず、おへその前でとるようにします。正面でとることによって、はじくリスクも軽減します。

セッターに近い方の足を少し前にだし、レシーブします。チャンスボールなどの優しいボールの時は、手だけで処理するのではなくて、ひざも使ってあげるようにしましょう。

バレーボールにおいて、ひざの使い方はとても重要になってきます。


3.ボールをとるとき~オーバー編~

オーバーの時構えも、足は基本的には、アンダーの時と同じです。しかし、手はオーバーの場合、ドリブルの危険せいが高まるので注意してほしい点がいくつかあります。

まずは、どんなボールでもしっかりと手に力を入れておくということです。チャンスボールだからと言って、軽く取ろうとしても高いボールだった場合、意外と重い時があります。

ドリブルをとられることは精神的にも気分が落ち込むので、未然に防ぎましょう。練習メニューとしては、ペアになって、オーバーの形をとって向かい合います。

そして、お互いの間にボールはさみ、同時に押し合います。その時に正しい構えになっているか気にしながら行うようにしましょう。

バレーボールにおいて、アンダー、オーバーが安定してできるということはとても武器になります。

今まで、構えについて書いてきましたが、結局は、構えは素早く動くための準備です。これにこだわることなく、参考にしつつ、自分にあった構えを見つけましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ