アンダーサーブのレシーブのコツ | バレーボールが上達する練習メニュー

アンダーサーブはバレーボール初心者が1番打ちやすいサーブで、山なりの軌道になりやすく、レシーブする側にとってはとりやすいサーブと言えます。

そのため、チャンスボールに近いので確実にセッターに返し、攻撃につなげましょう。


1.アンダーサーブとは

まず、レシーブへの対策のために、どんなサーブなのか知りましょう。

アンダーサーブの打ち方は、おへその前でボールを構え、こぶしでボールをすいあげるように、腕を後ろから思い切って振りぬきます。




力のない人でも比較的遠くまで飛ばせるサーブです。

また、フローターサーブのように変化をつけることも可能です。

無回転でぶれながら飛んでいくボール、ドライブがかかり早く落下するボールなど。

さらに、低い打点から高く打ち上げる天井サーブもあります。

滞空時間の長さで相手のリズムを狂わせるのが目的で、ネットぎりぎりかエンドラインぎりぎりを狙うのが基本になります。

これはチャンスボールと見せかけて、けっこうやっかいなサーブです。

レシーブの面にしっかり当たるように最後までボールを見ましょう。


2.アンダーサーブのレシーブのコツ

バレーボールのアンダーサーブでのレシーブのコツは、サーバーの手の動きを見てコースを読み、素早くボールの落下点に入ることです。

しっかり足を動かし、かつ上体を上げないように移動しましょう。

最初の1歩を踏み出しやすくするために、足踏みをしてもいいでしょう。

レシーブの面はセッターに向けます。

また、サーバーがボールを打ってから、1、2、3と声を出すとレシーブタイミングを合わせやすくなります。

サーブレシーブは、ボールが飛んでくるまでに時間があり、プレッシャーがかかるプレーであり、メンタル面の強さも鍛えるとミスが減っていきます。

自信がつくまで、反復練習しましょう。

1人での練習メニューで上達してきたら、人数を3人、5人、6人と増やしていきます。

バレーボールはチームプレイですので、お互いの守備範囲を確認する意味でも複数人でアンダーサーブレシーブの練習をお勧めします。

その時重要になってくるのは声掛けです。

レシーブする人は、「はい」、任せる人は「お願いします」など、意思表示をすることでぶつかったりお見合いしたりすることを防ぎましょう。

また、レシーバーが弾いてしまった時にすぐフォローに入れるように、レシーバーに対して体を開き、上体を下げたままにします。

油断は禁物です。

ゲームのスタートである、サーブとサーブレシーブはゲームの流れをつかむとても重要なプレーであり、同時にプレッシャーもかかります。

1つ1つの動作を意識しながら練習メニューに取り組み、レシーブを上達させましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ