サーブの狙い目と駆け引きについて | バレーボールが上達する練習メニュー

バレーボールにおけるサーブは、ゲームの流れをつかむことができる重要なプレーであり、相手コートの守備の穴(狙い目)へ打つことで得点アップにもつながります。

それにはサーブをコントロールして打つ技術の上達が必須でしょう。


1.サーブの狙い目とは

バレーボールのサーブの狙い目は、まず選手と選手の間。

お見合いしたりやぶつかったり、どちらがレシーブするのかはっきりさせないと落としやすい場所です。

次に選手の肩越し。

アンダーハンドでもオーバーハンドでも取りにくく、レシーバーの判断が遅いと取り損なったり、弾いたりするでしょう。

さらに、無回転やドライブがかかった変化のあるボールだとレシーブの面にきちんと当てにくくセッターの元にきれいに返すことが困難になるでしょう。

肩でレシーブしても反則にはなりませんが、コントロールが難しいので、どうしてもというときだけに使うのも手だと思います。

そして、相手のエースやセンターの選手などが効果的です。

アタッカーにレシーブさせることで、クイックや平行などスピードを要する攻撃準備を遅らせ、こちらが強打を回避できることもあります。

チームによっては、エースにレセプションさせないようにリベロをつけたり、近くの選手がレシーブしたりするところもあります。

相手チームの動きを観察し、どんな作戦が効果的な見極めましょう。

私たちのチームでは、レシーブが比較的得意でない選手を狙って打つこともありました。

バレーボールはメンタル的な部分でプレーが左右されることもあるので、狙われるといつもできているプレーもできなくなるものです。

それを隣の選手がフォローしようとしてミスをしたり、2次的な効果も期待できたりします。


2サーブでの.駆け引き

サーブを打つ前から心理戦が始まっています。

サーブはバレーボールで唯一の個人プレーであり、すべて自己責任です。

そのためプレッシャーも強く、ゲームのシチュエーションによっては絶対にミスできない場面もあります。

23-24点でミスしたら負け、の時は入れるサーブで行くか、攻めるサーブで行くか悩むところです。

ただ入れるだけのサーブだと相手から強打を打ち返されることがあったり、攻めるサーブを打ったらミスしてしまったり、どうしたら得点をとれるか頭の中はいっぱいでしょう。

本番は相手からの来いっ!という威嚇(相手を否定する言葉ではありません)を受けますが、動揺を表に出さず、落ち着いています、という姿を見せるだけでも相手にプレッシャーを与えることができるでしょう。

日頃からバレーボールの試合を想定した練習を重ね、狙い目にサーブを打てるようにコントロール力を上達させておきましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ