天井サーブの打ち方と上達のコツ | バレーボールの練習メニュー

バレーボールのサーブの一つ、天井サーブについて練習メニューを交えながら説明していきます。

アンダーサーブが苦手な人は、ある程度アンダーサーブのフォームを理解しているなら天井サーブを練習してみると良いかもしれません。


1.天井サーブとは?

バレーボールのサーブの中で、相手がレシーブが得意な人でもミスしやすく、得点に絡みやすいサーブが天井サーブです。

天井サーブは、ボールを思いっきり上に向けて打ち、天井に近いところまで打ち上がることから、名前が天井サーブになっています。上に高く上がるので落下速度が速くなり、コントロールしづらいサーブになります。

また滞空時間が長いため、相手レシーバーのリズムが狂い、タイミングが掴みづらくなりますので、正確にレシーブをさせないという目的もあります。

ただ、バレーボールをあまり打ちあげてしまうと天井に当たってしまい、逆にアウトになり相手得点になってしまうので、天井サーブではサーバーのコントロール力も必要になってきます。


2.天井サーブのフォーム

基本のフォームはアンダーサーブとほとんど同じです。ですから、アンダーサーブに慣れ、入るようになってきた頃に天井サーブにチャレンジしてみると良いと思います。

では、バレーボールの天井サーブのフォームと練習メニューを紹介していきます。フォームは先ほど言った通り、アンダーサーブとほとんど同じですが、アンダーサーブよりも深く腰を落とします。

それから、上に移動するときの下半身の膝のバネを活用し、トスを安定的にあげ、体を伸ばすようにボールを打ちます。

アンダーサーブより、天井サーブはトスの精度を上げないと、膝の伸びのタイミングと合いませんので、しっかり狙った場所にあげます。

トスは膝を使って回転をかけないようにすれば、ボールがぶれないのでぜひやってみてください。トスが完全に上がってから落ちてくる所を狙って打つので、ボールが上昇しているときに打つのは避けましょう。


3.練習メニュー

天井サーブの練習メニューを説明します。すべてのサーブはトスが最重要なので、ここでもトスの練習を説明したいと思います。トスを上げる手はボールにぺったり合わせます。

フローターサーブと違い、膝も使ってあげるためボールと手のひらの間には隙間がないように持ちます。トス時は膝を使うので膝を深く曲げ、腕は真っすぐ伸ばし、体との角度が常に90度になるようにしましょう。

そして上に平行移動させるようにトスをあげれば、無駄がないトスが上がると思います。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ