フローターサーブの打ち方と上達のコツ | バレーボールの練習メニュー

バレーボールのフローターサーブの打ち方とコツを紹介します。練習メニューも交えながら説明します。


1.フローターサーブとは?

フローターサーブはバレーボールの中でもパワーをあまり必要としない攻撃なので、コツがつかみやすく、コントロールがしやすいです。顔の前にトスを上げて打つサーブなので、バレーボール初心者でも打ちやすいと思います。


2.フローターサーブのトス

バレーボールで右利きの人のフローターサーブ打ち方のコツを練習メニューで紹介するので、左利きの人はその逆を練習します。

まずトスは左手で持ちますが、このとき手にべったりとボールを付けずに、指で支えるように持ちます。手のひらとボールの間に指が2,3本入るようにします。その構えを狙う高さに合わせます。


3.フローターサーブの助走

次に、トスをあげる前までの助走なのですが、これは人それぞれで多くの人は助走が1歩から5歩の間にあると思います。

今回は基本の1歩の人の練習メニューを紹介します。助走が1歩の人は助走が少ない分、その1歩を力強く踏むために、大きく足の裏全体で床を踏みます。

このとき足がガニ股や内股にならず、真っすぐになるようにします。トスの腕は前から振り上げて、少し高めにあげます。

1歩踏みだすと同時に、腕のスイングを始めます。そのままボールが落ちるのを待って、手の位置にボールの中心が来たときに打ちます。


4.そのほかのコツ

バレーボールのフローターサーブを打つ時のコツとして、3つ紹介します。

まず腕の振り方です。肘から手にかけての部分は真後ろにたたむか、外側に開くようにします。内側に入れるのはミートであり、フローターサーブの打ち方にはあまり適さないです。

手の形はなるべく開くようにします。指をそろえて打ちがちですが、開いた方がフローターサーブに変化がかかりやすいです。

主に無回転サーブです。打つ瞬間は指の間を開いて、手のふくらみの部分でボールの中心、すなわちボールのに芯に前重心になって体重をのせるようにして打つと、よく飛びます。


5.トスの練習メニュー

まず、真っすぐなラインを探して、そこに2メートルの間隔で向き合うように2人で並びます。1人は助走からトスをして、打たずにそのまま落とします。

もう1人はラインをもとに、真っすぐ歩いているか、右利きの場合トスは右肩のラインに落ちているかを確認します。

サーブが入るか入らないかは、トスで決まるといわれるほどトスが重要になるので、しっかり安定してあげられるようにしましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ