ジャンプサーブの練習メニュー | バレーボールが上達する方法

バレーボールでのジャンプサーブは通常のサーブと比べてサーブポイントがとりやすいサーブですので是非練習してみましょう。

ただし、サーブはミスするとチームの士気も下がってしまうので、自信がつくまでしっかり練習しましょう。


1.ジャンプサーブで重要なトス

ジャンプサーブはどうしてもジャンプやボールを打つ時に気がいってしまいますが、トスも重要です。

いつも同じようなトスが上げられないとその後の助走やアタックが乱れてしまいます。




まずはトスと助走だけを繰り返し行い、同じようなトスができるよう練習しましょう。

助走しながらトスする方法もありますが、初めはトスをしてから助走する方法で身につけましょう。

トスの際のバレーボールは利き手に載せます。

助走はトスと同時に利き手と反対側の足を踏み出し、2歩目を大きく踏み込んで両手を振り上げてジャンプします。

まずはトスと助走を同じように行い、ジャンプしてボールを手を伸ばした状態で頭の上でキャッチできるように繰り返します。


2.基本的なジャンプサーブの形

助走とトスが安定したら、助走でどの程度移動するかがわかってくるので、エンドラインを越えないように、エンドラインからどのくらい下がればいいか測ってみましょう。

そして、実際にジャンプサーブを打ってみましょう。

基本的にはアタックと同じ感覚です。

狙い目はネットぎりぎりの高さです。

アタックした手は手のひらを外に向けて振りぬきます。

トスからボールを当てるまで、目はボールから外さないようにして練習しましょう。


3.強いジャンプサーブを行うためには

強く打点の高いジャンプサーブを行うためには、2つのポイントがあります。

1つはトスに回転をかけることです。

安定したトスが上がるようになったらバレーボールに前向きの回転をつけるようにすると、さらに強いジャンプサーブになります。

前回転のつけ方は手のひらにのせたボールを下から上にこするようにして手首を使う方法です。

もう1つは空中で体の軸がぶれないことです。

ジャンプサーブは自分で前方に上げたトスを追いかけるようにして打つため、通常横から来るトスをうつスパイクよりも難しくなります。

そのためには体の軸を意識して、上半身をしっかりひねってスイングします。

この空中での姿勢が崩れないためには体幹の筋トレも重要です。

体幹の筋トレには脊柱起立筋や腹筋を鍛えましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ