サーブのやり方と上達のコツ | バレーボールの練習メニュー

バレーボールでサーブが入らないということは、相手にとっては一番うれしい失敗です。さらに、失点を減らそうと考えたときに、一番手っ取り速いのがサーブミスを減らすことです。

そこで、サーブを失敗しないためのコツを紹介します。


1.打つ前の動作をいつも同じに

バレーボールでサーブは唯一一人で行うプレーです。マッチポイントを相手に握られている緊張するような場面でも自信を持って打てるように、サーブを打つ前のルーティーンを決めておきましょう。




よく、野球選手がバッターボックス立つ前にやる動作のように一定の自分だけのルールを決めておきましょう。例えば、サーブをうつ立ち位置に立ったら、ボールを何回つくとかのようなものです。

願掛けに似ていますが、いつもと同じ状況をつくりだして、落ち着くということが大切です。失敗を減らすコツはサーブは7秒間の間に打てばいいので焦って打つことはありません。

ゆっくり落ち着いて打つことが、失敗を減らす要因になるでしょう。


2.サーブ練習

バレーボールでサーブを失敗しないように打てるようになる練習メニューを紹介します。それは、連続サーブという練習メニューを紹介します。

チームの選手が順番にサーブを打って行って、誰もミスすることなく全員がサーブを打てれば成功です。しかし、途中で誰かがサーブをミスしてしまったら、その、失敗してしまった選手の次の順番の選手から再開します。

この時、連帯責任として、コート1週ダッシュなどのペナルティーを設けることで、さらなる緊張感のなか、練習することができるでしょう。

そうすることで、ミスしてしまった選手は最後に打つことになり、より大きなプレッシャーがかかります。

この練習メニューで大切なことは、決してサーブを入れにいってはいけないということです。サービスエースをとりに行くつもりでサーブを打つことが大切です。

たとえば、後ろを狙う練習として、コートの半分からに線を引き、それより後ろに打つという決まりを決めて、それよりも前にサーブを打ってしまったらそれもミスと考えるとすることもいいでしょう。

そうすることで自然と入れにいくサーブは打てなくなります。それが終わったら、前バージョンをやってみましょう。

さらに、試合に近づけるために笛を吹いてタイミングを示す方法もあります。そうすることで、公式戦の緊張した場面でも実力を発揮できるような選手になれることでしょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ