サーブのミートを良くするコツ | バレーボールが上達する方法

バレーボールのサーブの時にボールが安定して手にミートしない場合のチェック項目や練習方法です。

バレーボールの試合でいつも同じようにミートしたサーブが打てるように繰り返し練習しましょう。


1. トスは利き手の正面に上げられているか

実は重要なのはサーブする利き手よりも、反対側の手で上げるトスだったりします。

右手でサーブを打つ場合、左手でトスを上げるのですが、基本的に右手の軌道上にトスが上がらないと、正しい位置でボールをミートすることができません。




そのためには左手をぐっと右にずらし、トスする前のボールが右手の正面の面にくるようにします。

ここで、真上へトスが上がれば、あとはタイミングの問題です。


2.ボールに当てる手の位置

サーブはフローターサーブでもアンダーハンドでも同じ部分にボールを当てます。

手のひらの下の部分、壁や床に手を突いた際に強く当たる部分です。

手首の線の真ん中から指先の方へ1,2センチあがったところをボールの当てたいところへ触るように意識します。

この部分は力がしっかり入ります。


3.アンダーサーブの場合

アンダーハンドサーブの基本はエンドラインと平行に立ち、足を肩幅に開きます。

そしてサーブを打つ方の足を1歩引きます。

サーブを打つ方の手は軽く握り、まっすぐ後ろに引いて、前へ戻す力でボールに当てます。

手を振る力だけでは遠くに飛ばないので、手を前へ戻すときには前足に体重を乗せるような感じで若干までに上半身を前へ出します。

ボールは斜め45度の方向に向かって打ちます。

まっすぐ打つことができるようになったら前後左右への打ち分けをしてみましょう。

基本の姿勢は一緒で、体の向きを右に向ければ右に、左に向ければ左に飛びます。

ただし、体を向けるときに手の軌道がずれることがあるので、慣れないうちはサーブを打つ前に足と体を固定して数回素振りしてみましょう。

トスはその素振りの軌道にのるように上げます。

前後に打ち分ける場合はボールの手前に当てると遠くに、逆にボールの真下に当てるとボールが高く飛ぶ割に前へ進まないので高くて手前におちるサーブになります。


4.フローターサーブの場合

フローターサーブの立ち方はアンダーサーブと同じです。

アタックする手は軽く開いた状態です。

トスは高く上げず、また体に近づけないようにします。

ボールが体に近づくと身体がそってしまい、打ちにくく力が入りにくくなります。

ボールをヒットする高さはアタックよりも低く、額の前あたりを目安にします。

身体の重心は打つ時に前へ出る感じで移動させます。

腕は振りぬかず、バレーボールを押し出すイメージです。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ