バレーのフローターサーブが届かない人が見直すべきポイント

フローターサーブは練習すれば、様々な軌道のサーブが打てるようになり、十分にサービスエースを狙えるサーブです。

しかし、始めたばかりの人や力のない人はネットを超すことが難しいでしょう。

そんな人のために、バレーボールのフローターサーブが届かない人が見直すべきポイントについてお話します。


1.フローターサーブの打ち方

まず、フローターサーブの基本的な打ち方から。

左手で肩の高さにボールを持ち、右ひじを上げ、重心は右足に置き、構えます。




ヒットポイントの少し上に向けてトスを上げながら上半身をひねってテイクバックします。

上目づかいでボールを見て相手コートを視野にいれます。

トスを上げた位置に左足を踏み出し、つま先を打つ方向に向けます。

左足に体重移動しながらスイングを始め、トスの落ち際を手のひらの親指の付け根周りの硬い部分でヒットさせましょう。

肘はほぼ伸びた状態で、肩より少し前の位置でボールの正面をとらえ、手首は固定したまま打球方向に向けて体全体で押し出します。


2.見直すポイント

バレーボールのフローターサーブが届かない人は、まずはトスが安定しているか見直します。

サーブの基本であるトスは、毎回同じ高さ、同じ位置に上げられるようにしましょう。
トスが安定するとミスも減ります。

トスを安定させるためには、トスを高く上げすぎないことです。

そして、トスを上げるときは、なるべく高い位置で構えておくことがポイントです。

次は、体重移動です。

後ろ足から前足への体重移動と上体の動きを連動させ、しっかりボールに力を伝えましょう。

そして、必ず打ち終わりまでボールを見ることです。

サーブを打つときに相手コートを見てしまうと打点が下がり、正確にコントロールできず、ミスにつながります。

トスを上げて打つまでしっかりとボールを見ましょう。

最後に集中力でしょう。

1本1本、ゲーム中だと想定して、打つ練習をします。

サーブはバレーボールで唯一の個人プレーであり、フォローしてくれるメンバーはいないため、プレッシャーがかかります。

ゲームの流れを変えてしまうかもしれない重要なプレーでもあるので、上達し自信がつくまで繰り返し練習しましょう。

ここぞというときに、プレッシャーに負けずいいサーブが打てると一気に自チームの流れになり、勝利が近づきます。

以上のことを見直してもまだ届かない人は筋力に問題があるのかも知れません。

フローターサーブが届かない人は、肩や腹筋、背筋の筋肉、特に肩はスパイクでも重要な部分であり、鍛えておくとバレーボールの攻撃プレーの上達にもつながるでしょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ