サーブに変化をかけるコツ|バレーボールの練習メニュー

バレーボールのサーブに変化をかけるコツを練習メニューを交えて紹介していきたいと思います。サーブに変化がかけられると、試合の攻略にも役立ちます。


1.主なサーブ

サーブには、いろいろな種類があります。そのバレーボールのサーブを、変化で分けるといくつかに分かれます。

フローターサーブやジャンピングフローターサーブなどが主の無回転サーブ、ジャンプサーブやサイドハンドサーブが主のドライブサーブ、他にもミートがかかったフローターサーブなどがありますが、今回紹介するのはその中の初めの2種類です。

アンダーハンドサーブは初心者が一番初めに教わるサーブであり、無回転サーブは力が入れられず不可能で、ドライブサーブなどは回転もかけられなくはないですが、極端にかかってしまうのでコントロールが難しいのです。

そのためアンダーハンドサーブではボールに強い変化はかけられません。ですが、それを利用し回転の多いサーブをわざと打ったり、ボールの下をついて厳しい、かつ逆回転のサーブを打てばそれなりに得点に絡むサーブにもなるので、工夫してみると良いと思います。


2.無回転サーブ

ここからはバレーボールのサーブの中でも一般的な無回転の変化をつける練習メニューを紹介します。

無回転サーブというのはその名の通り回転を一切しないサーブで、それにより抵抗が少なくなって打ったボールが速く感じさせたり、揺れたりさせることができます。

フローターサーブでこのサーブを打つ時は、フォームを変えずに、トスをより安定させて無駄な回転をなくし、そのままボールのど真ん中の芯を強く打ちます。

このとき腕を振り切ってしまうと下にボールが流れてしまい、ただの威力がない逆回転サーブになるだけなので、押し出すだけで、その場所で腕の振りを止めます。


3.ドライブサーブ

ドライブサーブの中のサイドハンドサーブは軽めで、ジャンプサーブは強めです。どちらもトスが高く、あるタイミングまで力をためて一気に全体重をのせるという感覚です。

両方回転が強いですが、サイドハンドサーブはネットにだいたい平行になるためボールアウトになることがそこそこ多いです。ということはライン際も多いということにもなるので、ジャッジをしっかりされることを忘れずに、コースを確実に狙って打ちましょう。

ジャンプサーブは上からスパイクを打つように下に打ちつけます。トスを両手で上げるときに真上すぎても助走が短くなり、すべての力を入れられません。

前すぎても助走距離が長くなりすぎるためトスに間に合わず、ちゃんとした2歩助走ができなくなり、結果前に跳びながら打つサーブになってしまいます。

最終的には打てても、フローターサーブ程度の力になってしまいます。トスがサーブの9割を決めるとも言われるので、狙った位置にあげましょう。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ