サーブ時のルールとサーブ権について | バレーボールが上達する練習メニュー

バレーボールのサーブを打つ際のルールとサーブ権について、練習メニューと交えて紹介していきます。自チームのミスで相手に点を許してしまうことを防ぐために、知識を深めておきましょう。


1.サービスのフォールト

バレーボールのサーブ時のルールを、練習メニューと交えて説明していきます。まずはサーブのフォールトについてです。




①サーブが相手コートに入らなかったとき。
②ボールがアンテナに触れるか、その外側を通過したとき。
③ネットを越す前に、ボールが味方プレーヤーに触れたとき。
④サーブの順番を間違えたとき。
⑤主審がサーブ開始の笛を吹いた後、8秒以内にサーブを打たなかったとき。

詳しく説明していきます。

②についてはネットインは認められるようになりました。⑤の付けたしとして、サーブのやり直しはトスをあげてからはできず、それもフォールトとなってしまうので注意しましょう。


2.フットフォールト

バレーボールのサーブ時のルール、次はフットフォールトを2つ説明します。

①エンドラインを踏んだり踏み越したりしたとき。
②サービスラインや、サイドラインの仮想延長戦を踏み越したとき。

エンドラインはラインを踏むだけで反則を取られますが、サイドラインの仮想延長戦なら、踏み越さなければ踏んでもセーフなので、この違いに注意しましょう。


3.ポジショナルフォールト

バレーボールのサーブ時のルール、最後はポジショナルフォールトです。サーブ時に、サーバー以外のプレーヤーが正しい位置にいないときに反則を取られます。

プレーヤーの位置関係、左右は前衛同士、後衛同士、前後はレフト、センター、ライト同士が保ちます。そしてサーブが打たれるまで、両チームともこの関係を保たなければなりません。


4.サーブ権について

サービスに関する反則は、いずれのフォールトでも、相手に得点を与えてしまうとともに、サーブ権も移してしまうことになります。

ここ何年かでバレーボールがサイドアウト制からラリーポイント制になりました。この制度になってから、スパイクが決まった時や、自分のチームまたは相手チームにミスがあった時は、サーブ権がどちらに合っても点数が入り、サーブ権も点数が入った方のチームに移動するようになりました。

サーブ権をすでに持っているチームが得点を得た場合、サーブ権の移動はなく、そのまま連続サーブになります。

ですので、日ごろの練習メニューからラリーポイント制のゲーム形式に慣れ、旧ルールと混ざらないようにしていくことが大切です。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ