クロスへのスパイクの打ち方 | バレーボールが上達する練習メニュー

ここでは、バレーボールのスパイクの中でもクロススパイクに焦点を当てて、いかにして得点を決めることができるクロススパイクを打つことができるかをお話しします。


1.クロススパイクの打ち方

バレーボールのクロススパイクというのは、真っすぐのコースを狙うのではなく、斜め方向に打つボールのことです。

ストレート側についた相手ブロッカーを避けることもできます。
では、いかにしてクロスに打つか。

1つの方法として、助走をネットに対して斜め方向に入ることです。




斜めに入れば、そのまま進行方向に打つので、腕のスイングは真っすぐに行います。

このとき、ネットと距離があると、ネットにひっかけたり、ブロックに当たったりするので、トスを見極めます。

しかし、この方法は容易に相手ブロッカーにクロスを打つことがばれてしまいます。

そこで次に、ボールを打つときのヒットポイントと腕の振り方を変えてみましょう。

ストレートに打つ際はボールの真ん中あたりを打ち、腕は真っすぐまたは左腿に向かって振っていましたが、クロスに打つ際は少し手を外側に返して、腕も少し内側から外側に離していくようにボールを打ってみましょう。

上達する練習メニューは、壁打ちがお勧めです。


2.戦略的打ち方

助走をネットに対して真っすぐに入ってもクロスは打てます。

この場合、相手ブロッカーを欺ける可能性があります。

真っすぐに入っていくアタッカーのスパイクはストレートに打つと、体重の乗った重いスパイクになり、サイドアウトしやすくなるので、それを避けるためにブロックはストレート側につくでしょう。

そこで、ストレートからの助走でクロスに打つには、ボールの左半分を叩きます。
そしてスイングは体の45度右側を抜きます。

バレーボールで得点を上げていくには、短距離のスパイクコースだけでなく、アウトラインぎりぎりの方まで攻める長距離のクロススパイクコースも狙っていくのがお勧めです。

長距離になる分、スパイクの威力は落ちますが、アウトラインぎりぎりを狙うことでボールを返される可能性が低くなり、また、ボールをレシーブされても、そこから体制を立て直して鋭いスパイクを返すのは難しいことでしょう。

また、超クロスにプッシュで押し込む手もあります。

ぎりぎりまでスパイクを打つフリをして、指先で強くアタックラインあたりにボールを押し込みます。

レシーバーがいないところが押し込みどころですが、レシーブに下がっているレフトの選手にレシーブさせるのも手です。

レシーブしたことで、スパイクへの準備が遅れ、レフトからの攻撃の確率が下がるでしょう。

上達する練習メニューは、シートがお勧めです。

セッターとのコンビネーションを意識して取り組みましょう。

以上のように、相手のレシーブの穴やトスの状態でスパイクを臨機応変に変えましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ