スパイクのコースの打ち分け方 | バレーボールが上達する練習メニュー

スパイクは、毎回同じところに打っていると、そのうち相手ブロッカーやレシーバーに読まれてしまいます。

相手の守備の穴を見つけ、その都度スパイクのコースを打ち分けることで駆け引きが生まれ、バレーボールらしくなっていくでしょう。


1.レフトからのオープンスパイク

最もオーソドックスなスパイクがレフトからのスパイクです。

コースは助走の方向やヒットポイントを変えることで打ち分けます。

クロスに打つ際は、右肩の前でボールを捉え、真っ直ぐにスイング。




真下にフォロースルーします。

ストレートに打つ際は、体の中央から左側でボールを捉え、ストレート側に真っ直ぐにスイングし、左足の内側にフォロースルー。

インナーに打つ際は、肩の外でボールを捉え、親指に力を入れ、手のひらが外を向くように手首を返すようにスイングし、右足の外側にフォロースルーしましょう。

助走のコースを変えて打ち分ける際は、ネットに対してストレートに入り、ストレート打つ。

クロスに入る際はクロスとインナーへ打ち分けます。


2.ライトからのオープンスパイク

ライトからのスパイクには高度な技術が必要です。

ライトからのクロス打ちは、ボールのやや右側を叩き、左足の内側に向けてフォロースルーします。

ストレートを打つ際は、体をネットに正対し、右肩の前でボールを捉え、ライン際に向かって真っ直ぐ打ち込みます。

そして右足側にフォロースルー。

インナーを狙う際は、ボールの右側を捉えた小指に力を入れ、手のひらが内側を向くよう手首を返します。

そして左足の外側に向けてフォロースルーします。

助走のコースを変えて打ち分ける際には注意点があります。

ライトのスパイクはサイドラインの外から助走に入ると、ストレートに打つにはかなり高度な技術が必要です。

ストレート助走でのストレート打ちをベースにクロスはヒットポイントとスイング方法で打ち分けるようにしましょう。


3.練習メニュー

打ち分けの練習メニューとして、まず、ネットの上からスパイクを打つ感覚を上達させるために、目標物めがけて台上からスパイクしてみましょう。

台上に立ち、自分でトスを上げ、その場でボールを打ちます。

クロスの奥、ストレート、インナーにマットを置き、コース打ちの練習をします。

ヒットポイントや体の向き、スイングを工夫してコースを打ち分ける感覚を養いましょう。

バレーボールのスパイクの打ち分けの基本はフォロースルーまでしっかり振り切ることです。

フォロースルーはコースによっても変わってくるので、しっかり頭に叩き込み、マスターしましょう。

バレーボールは感覚的なもの(センス)だと思うので、日々の練習メニューをこなし、ボールを扱う感覚(センス)を磨いていくことで、スパイクの打ち分けも上達していくと思います。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ