スパイクへのドライブのかけ方 | バレーボールが上達する練習メニュー

バレーボールでいうドライブとは回転の一種です。

ドライブのかかったスパイクは相手にとってスピードが速く感じられる上に、下に落ちやすいため、ボールがライン内に入りやすく、上達すると非常に効果的です。

身につけるまでは難しいですが、ここではバレーボールの試合で活かせるスパイクでのドライブのかけ方を繰り返し練習しましょう。


1.ドライブがかかったボールの動き

ドライブのかかったバレーボールは横から見ると回転をしています。




回転の向きは打った人から見たときは下から上、相手から見た場合は上から下に回っているようにみえます。

このドライブがかかっているスパイクは空気抵抗とあわせて下へ落ちるボールになります。

ライン際を狙うスパイクなどではこのドライブ回転がかかっていると、ライン内に入りやすくなります。

ボールにこの回転を与えるためには、ボールの上半分を素早く押す力が必要です。

別の言い方ではボールの上をこする、と表現される場合もあります。


2. 普通のスパイクとの違い

ドライブをかけるときのスパイクは、助走などに違いはありません。

ドライブのかけ方は主に腕や手の使い方が異なります。


1. ボールに手を当てる位置

通常、回転をかけない場合はボールの中心に手を当てますが、ドライブ回転をかける場合は中心の少し上を狙って手を当てます。

またボールの押し出し方は、通常はボールを進行方向に向かって押し出すように打ちますが、ドライブ回転の場合は手首を前にひねるような動きをします。

この手首のひねりはスナップとも表現されます。

イメージとしてはボールの一番高いところに指先を当てるつもりで打ちます。

ボールと手の当たり方の関係は、中心よりやや上に手のひらを当て、指先をボールのさらに高い部分に当てます。

肘から先の手を上に向けて、手首の力を抜いて振ってみましょう。

手がダランダランと動きますが、この手が前に行く動きを利用します。

そのため手首が固いと回転がかかりにくいため、一連の動きを手首が柔らかい状態で行ってみましょう。


2.腕の振り方

スパイクの際のテイクバックは肘を思い切り引きます。

そして、スパイクの時には肘を思い切り前へ出します。

この肘の力でもボールの上半分を押しだす力になります。

また打ち終わった後は腕を最後まで振りぬきましょう。


3.実際の選手が行っているドライブのかけ方

プロのバレーボールのアタッカーなどはドライブ回転を実は意識せず行っています。

それは、手首を柔らかくしてきちんとしたフォームでスパイクを打てば、ドライブ回転は自然にかかるからです。

ですので、頭でっかちになってうまくできない人は、ボールの中心より上に手を当てること、手首を柔らかくすること、腕を振りぬくことの3点だけ気をつけて調整してみると早く上達します。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ