クイックスパイクの打ち方とコツ | バレーボールが上達する練習メニュー

バレーボールは素早い攻撃が醍醐味であり、クイックスパイクは相手の意表をつき、ブロックを振り切ったり、レシーブのタイミングをずらしたりする効果があります。

オープンスパイクに加えて、習得しておくと攻撃の幅が広がります。


1.クイックの打ち方

相手のブロッカーからマークされやすいサイドアタッカーの負担を減らすために
バレーボールでよく用いられるのが、センターからのクイックスパイクです。

A、B、C、Dとセッターの位置からトスがでる場所、種類によって4つに分類されています。





1.Aクイック

セッターのすぐ手前に上がるトスを打ちます。

パスの軌道を見て、助走をスタートします。

セッターのすぐ近くで踏み込み、セッターがボールを捉えるタイミングで真上にジャンプします。

セッターはできるだけジャンプトスを使いましょう。

両手で体を引き上げながらジャンプし、セッターはアタッカーの手に向け、軽くボールをついて低いトスを上げます。

トスされたボールを手首のスナップを使って打ち分けましょう。


2.Bクイック

基本的にはAクイックと同じで、セッターからレフトより2m程の位置で直線的なトスを打ちます。


3.Cクイック

Aクイックのようなトスをセッターの後方に上げ、Aクイックと同様に打ちます。


4.Dクイック

これはかなり高度な技であり、使っているチームは少ないと言われています。


2.上達のコツ

クイックは、スピードを重視しながらもバックスイングを大きく行い、しっかり体を引き上げて、できる限り高いところで打つことが大切です。

そして、セッターの手にボールが入った時には、アタッカーはジャンプして腕を引いて構え、後はスイングするだけの状態にしておきましょう。

早く打つことに気を取られて、打点が低くならないように注意します。

また、ゲーム中においては、レセプションやチャンスボールが、どこからどんな軌道でセッターに上がるかをしっかりと見ましょう。

コツとしては、助走は短くスパイクは鋭角に落とすことです。

ですので、トスがネットに近すぎたり、タイミングを読まれたりすると、ブロックにシャットアウトされます。

ある程度、自分でどの位置に鋭角に落とすか、などを考えてゲーム中でも修正していきましょう。

練習メニューとしては、セッターとその都度振り返り、繰り返し行うことが上達の近道と言えます。

また、クイックは囮の役割もあるので相手のセンタープレイヤーを引き付けることで、味方のレフトやライトのスパイクを楽にさせることができるのです。

クイックスパイクでの駆け引きでバレーボールが一段と面白くなってくるでしょう。

クイックスパイクはコンビネーションプレーですので、シートなどに練習メニューを組み込み、正確なレシーブを上げるところから始めると上達しやすいと思います。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ