クイック攻撃の試合での使い方 | バレーボールが上達する方法

クイック攻撃を身につけたら実際にバレーボールの試合で使ってみましょう。

それぞれのクイックの特徴と、バレーボールの試合での使い方を説明します。


1. クイック攻撃の種類

クイックの種類には4つあり、それぞれAクイック・Bクイック・Cクイック・Dクイックと呼ばれます。

これらの区別はアタックを打つ位置とセッターの距離、そしてセッターの向いている方向の組み合わせで決まります。




Aクイックはセッターの向いている方向で、すぐ斜め上でアタックを打つものです。

セッター・アタッカーともにお互いが見えるので合わせやすく、クイックの基本となります。

Bクイックはセッターの向いている方向で、2,3メートル離れたところでアタックを打ちます。

セッター・アタッカーともにお互いが見えますが、距離があるためタイミングを合わせないと自滅して相手のポイントになってしまいます。

特にセッターはアタッカーが飛んだ位置を確認してボールを上げることが重要です。

Cクイックはセッターの向いている方向とは逆で、すぐ斜め上でアタックを打つものです。

セッターからはアタッカーを見ることができないため、普段から練習していないと、難しいクイックです。

Dクイックはセッターの向いている方向とは逆で、2,3メートル離れたところでアタックを打ちます。

セッターからはアタッカーが見えず、またアンテナまで伸ばしたトスが必要です。

最も難しいクイックです。


2.実際の試合でクイックを使う

普通にアタックを打つ場合、最大3枚のブロックが付きます。

そして普通のブロックであれば、3枚付くとスパイクで決めて点を取ることは非常に難しくなります。

ブロックをする側にとっては、セッターが上げるトスがゆっくりであればあるほど、軌道やアタッカーの位置で誰がスパイクを打つのか推測できてしまいます。

そのため、ブロックの準備ができないほど素早くアタックを打つのがクイック攻撃です。

もちろん、相手の守備を混乱させることが目的なので、さらに囮が飛んだりすればさらに相手のブロックを分散させることができます。

クイックは、相手とのタイミングをずらして素早くボールを敵陣に押し込むことが重要なので、アタックは大きく振りかぶるよりも動作をコンパクトに行うことに気をつけましょう。

もちろん、試合が進めば、相手はクイックは使っても、Aクイックしかないな、とか、クイックが打てるのは1人だけだな、と思われてしまうと守備を強化されてしまいます。

多くの選手が多種なクイックを身につけるとバレーボールで強いチームになることは言うまでもありません。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ