スパイクにドライブをかけるコツ| バレーボールが上達する練習メニュー

バレーボールの攻撃、スパイクにドライブをかけるコツを、練習メニューを交えながら紹介していきます。スパイクにドライブをかけることで、よりボールにコントロールがきくようになります。


1.ドライブとは?

バレーボールでスパイクにドライブをかけるコツ、まずドライブとは何かということを説明していきます。ドライブ回転のことを一般にドライブと言いますが、ドライブ回転とはスパイクを打ったときに回転がボールにかかっているときのことを指します。




スパイク以外でボールに回転がかかっているときを、ミートと言います。どちらも同じような意味です。そしてバレーボールのスパイクでボールにドライブをかけることでのメリットとは、一番は確実性です。

ドライブがかかっているとボールは早く下に落ちますので、コースが簡単に狙えたり、スパイクにスピードをつけられる、というよりスピードがあるように錯覚させたりすることができます。

逆にデメリットとしては、習得に時間がかかることが挙げられるので、バレーボールを始めてすぐの方は、少し難しいかもしれません。


2.ドライブのかけ方

ここからはバレーボールでスパイクにドライブをかけるコツと、その練習メニューを紹介します。

まず1つ目のポイントは、手首の使い方です手首にスナップを利かせ、しなやかにボールをはたく感じでボールをヒットしましょう。

手首が硬い方は、ラップの芯などの筒を使った練習メニューを紹介しますので、やってみてください。

親指は筒と平行にさせて、他の指はラップを握るようにして持ち、手首だけでミートをかけるようにその部分だけで素振りをします。

実際に打つ時も、指を親指だけ開いた状態なので、この練習メニューに近いかけ方になります。そして、それをボールの上から触って、その場所から手首を使って奥に押し込むようにしてミートをかけます。

また、ドライブをかけた際の肘の使い方について、肘はできるだけ頭に寄せるようにします。よく後ろに引くと良いと言われますが、後ろから前に持ってくるときのスイングが複雑です。

トップレベルの方や全日本の方も、腕を引いているフォームの人が多いですが、それはジャンプ力があり、滞空時間が長いこそできるから、そうなっているのです。

初心者の方など、まだ十分にジャンプ力がない方は、肘から手を頭の後ろに、肘から腕は耳の横に構えるようにし、肘から真っすぐ振り下ろすことを意識してスイングをしましょう。






バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓ママさんバレーをやっているが上達しない....
✓生徒・子供に上手に指導できない....
✓レギュラーになれずに困っている....


そんなアナタにおすすめなのが、 「バレーボールが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バレーボールが驚くほど上達する練習教材は、 トップレベル選手も指導しているプロの指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバレーボールが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバレーボールが上達する練習教材を紹介します。


  • 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法



    バレーボール上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 限られた時間しかとれない社会人やママさんや、バレー未経験者の指導者 のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    初心者から全国トップレベルの選手まで10,683人の指導実績のある東京バレーボールアカデミーが監修しています!

    しかも、90日以内にバレーボールが上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

  • バレーボール・ジュニア選手育成プログラム



    子供を一流のバレーボール選手にしたいなら!!



    このプログラムは 子供を一流のバレーボール選手に育てたい指導者や親御さん のために開発されたバレーボール上達プログラムです!

    長年トップジュニアを育て上げている一流の指導者が監修しています!

コメントをどうぞ

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ